フランス人は地球温暖化をますます心配しています

2000では、フランス人の15%が、環境の分野で懸念の一番上に「地球温暖化」を置いています。 4年後、それらは31%です(7つの選択肢から1つだけの回答)。 同じ期間に、大気汚染を第1位とする人々の割合は22%から16%になりました。 22%から17%に移行するアイテム「核廃棄物」の同じドロップ。 回答者に提案されたその他の環境問題は、あまり明確ではない進化の主題です。「水質汚染」(16の2000%、14の2004%)、「動植物の劣化」 (10%と10%)と「家庭ごみ」(6%と8%)はこの気圧計ではかなり安定したままですが、「ノイズ」は8%から3%に変わります。 TNSソフレ研究所は、リヨネーズデゾーを代表して、毎年フランス市民と選出された代表者の代表サンプルをインタビューしています。
この気圧計は、他の3つのヨーロッパ諸国との比較も提供します。 私たちの隣人は心配の規模で「地球温暖化」をフランスよりもさらに高くしています:ドイツ人の34%がそれを最も重要な環境問題として指定しており、スペイン人の37%でさえあります英国の38%。
この調査からの別の教訓:フランス人の44人に42人(XNUMX%)は、「飲料水ネットワークに戻る前に、廃水は廃水処理プラントで除染されている」と考えています。廃水処理プラントからの廃棄物は、自然環境に排出されます。 この誤った意見の割合は、毎年かなり安定しています。
水の価格に関する意見に関して同じ安定性:2004には、フランス語の79%が常に「非常に」または「非常に高い」と感じており、1999以来ほぼ一定の割合です。
詳細な結果(PDF形式、121 KB)を読むには、 こちらをクリック.
TNS SofresのWebサイトで調査のコメントを読むには、 こちらをクリック.

また読みます:  KWM SPM Wood Stirling Module、商品化の可能性はほとんどありません

アントワーヌ・ブルエ  

ソース:  www.enviro2b.com

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *