農業:問題や公害、新しい技術とソリューション はこちらをご覧ください。⇒ 子牛の力を持った農機具!

農業と土壌。 公害防止、土壌浄化、腐植、新しい農業技術。
アバタードゥutilisateur
Grelinette
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 1913
碑文: 27/08/08, 15:42
場所: プロバンス
X 212

パー Grelinette » 03/12/14, 11:00

私は、このテーマで説明されている特定の道路車両のエネルギー回収および貯蔵システムを取り上げることによって開いたこのテーマを更新してトリミングします。 https://www.econologie.com/forums/post279741.html#279741.

確かに質量と速度は別のレベルのものですが、基本的な原理(フライホイールでエネルギーを蓄える)は機能しているようです。 http://fr.wikipedia.org/wiki/Syst%C3%A8 ... C3%A9tique

Je rappelle que l'idée initiale est de construire un "mini tracteur agricole à force musculaire (mollets-vélos) pour unifier toutes les 生きている力 ボランティア(多かれ少なかれスポーツ)が共有ガーデンで何をしているのか!... (少し注意: https://www.econologie.com/forums/post272754.html#272754 )
0 x
馬車ハイブリッドのプロジェクト - プロジェクトエコノロジー
「進歩の探求は伝統への愛を排除するものではありません」

アーメド
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 9501
碑文: 25/02/08, 18:54
場所: ブルゴーニュ
X 1007

パー アーメド » 03/12/14, 12:36

説明したように した, le volant d'inertie ne déroge en rien aux lois de la physique et ne constitue en aucune façon un dispositif "surunitaire"!
それはイオタによって永久的な摩擦に直面したデバイスの力を増加させません...
0 x
「何よりも、私があなたに言っていることを信じないでください。」
アバタードゥutilisateur
Did67
Modérateur
Modérateur
投稿: 18546
碑文: 20/01/08, 16:34
場所: アルザス
X 8063

パー Did67 » 03/12/14, 13:20

私は問題とその制約/制限を再説明しようとします:

a) il s'agit de faire pédaler x personnes, pendant un temps variable, pour ensuite "biner" ou "labourer" une pièce de jardin...

-平均的な人が約100 Wを発達させることを知ってください。これは、トレーニングに応じて、数分からXNUMX分/ XNUMX時間まで持続できる努力です...

[詳細については、ツールドフランスのライダー、アルプデュエズで約400 W]

A titre de repère, un "motoculteur" basique, c'est 2 à 3 kW (soit 2 000 à 3 000 W ; donc 20 à 30 personnes.

2) Contrairement aux TER / métro qui sans cesse freinent / accélèrent, donc "récupèrent" de l'énergie / consomment de l'énergie, l'acte de biner / sarcler / labourer exige un effort assez constant (qui dépend simplement de la dureté du sol, de la profondeur, d'obstacles - pour un appareil donné).

Comme la charrue ne va jamais "pousser", mais toujours se faire "tirer", cela "limite" l'intérêt d'un système de stockage de l'énergie... Autant adapter l'effort de ceux qui pédalent à la demande de l'appareil...

3) Cependant, un "lissage" (notamment pour passer un obstacle) peut être utile.

Mais il faut alors peser le "gain" d'un coté et les pertes (permanentes) de l'autre...

結果が良いかどうかはわかりません。

4) Reste la situation où des gens sont près à pédaler pour "stocker", sans travail du sol. Et que cette énergie soit utilisée plus tard...

何平方メートルも耕すのに必要なエネルギーを計算する方法がわかりません。 トラクターの消費量を確認することは重要です。

1リットルの燃料が1ヘクタール、深さXNUMXセンチメートルといった大きさのオーダーを見つけることができます。

または10 kWh / ha / cm。 深さ20 cmの場合、200 kWh / ha。 または、2面積あたり100 kWh(XNUMXm²)。

この図を取る。

20人で1時間(フル)のペダリングに対応。

5)保管の問題が残っています。

単純なシステムには、次のものがあります。

-マスを上げる(コンクリートブロック); 滑車を使用して、降下はエネルギーを回復することを可能にします。 損失は​​摩擦です...

どの質量をどの高さに持ち上げるかを簡単に計算できます...

利点:自作できる;

短所:複数の危険に注意してください:断線または脱線するケーブル、マスの下の領域など...非常に大きくなります

- stockage électrique : les vélos sont des vélos de type "salle de muscu", avec un alternateur électrique ; on charge des batteries ; on utilise des moteurs électriques lors du labour...

ここでも、バッテリーの容量は既知です。 これは簡単に計算されます...

しかし、バッテリーのコストがかかり始めます!

利点:ソーラーパネルと組み合わせることができます! 耕すとき(電力消費)、3つのソースを組み合わせることができます:ペダルを踏んで、直接+太陽光+在庫を補給するボランティア...

欠点:電池を長持ちさせたい場合は、それほど単純な規制ではありません...

-フライホイールは、巨大なシステムを除いて、必要なエネルギー量や保管期間とは無関係であるように見えます(非常に短期間の衝撃に対しては効果的なシステムです)。

この段階では、これらのいくつかの考えは残しておきます...
0 x
アバタードゥutilisateur
Obamot
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 13659
碑文: 22/08/09, 22:38
場所: レジオのgenevesis
X 573

パー Obamot » 03/12/14, 14:16

Grelinetteは書きました:[...] l'idée initiale est de construire un "mini tracteur agricole à force musculaire (mollets-vélos) [...] principe de base (stocker l'énergie par フライホイール)

そこで計算する必要があります(前回の投稿で示したように Did67、そして可能な限り現実的である場合)、それは土壌の種類にも依存するため、この状況ではフライホイール-あらゆる種類の土壌で効果的で外に出る/進行するは、正反対の要件を満たす必要があります-重い粘着性の土壌と乾燥した固い土壌のわだちから抜け出すのと同じではありません! したがって、それに応じて異なる質量と相対慣性が必要であり、あるケースから別のケースへのアドホックな乗算が必要です(そして私の控えめな意見では)。 それほど単純ではありません...

Par ailleurs, ce serait beaucoup d'efforts musculaires pour pas grand chose si c'est pour labourer, car nul ne serait nécessaire de le faire selon le type de culture envisagé (permaculture => "統合ではなく、独立しました"). Ce serait même contreproductif, puisqu'en désordonnant les couches de terre ayant toutes des fonctions spécifiques dans la biodiversité, on désorganise le biotope qui devrait alors prendre beaucoup de temps à se reconstituer correctement dans un terrain sens dessus dessous...
0 x
アバタードゥutilisateur
Did67
Modérateur
Modérateur
投稿: 18546
碑文: 20/01/08, 16:34
場所: アルザス
X 8063

パー Did67 » 03/12/14, 16:32

D'un point pratico-pratique, si les deux systèmes que j'ai évoqués [soulever une masse ou stocker l'léectricité dans des batteries] se "bricollent" (avec tout de même une multitude de précautions et de calculs pour avoir quelque chose de fiable, de supportable et d'efficace), un SREC de type "Formule 1" est hors jeux ici :

- ce sont des volants "presque parfaits", tournant à des vitesses faramineuses [回転可能なフライホイールを搭載 40 rpmで ブレーキ段階中]、わずかなエネルギーを耐えられる質量で、摩擦がほとんどない状態で保存する。 F1チームの手の届くところにありますが、DIY愛好家の手の届くところにもありません!

-人々がペダルを漕いでいる場合、大きな摩擦なしにステアリングホイールの継続的な加速を管理するシステム[それがペダルによって生成されるエネルギーを消費するためです!]は頭痛の種です。 あなたは歩行者の段階で摩擦なしでステアリングホイールを加速するシステムを想像する必要があります。たとえば、毎分10回転から数万回転まで0分間... 10ボールでノーベル賞を受賞する人は誰でもいます。

だからこそ、私たちの状況ではフライホイールのアイデアがまだ生まれていると思います。
DernièreEditionのパー Did67 03 / 12 / 14、17:05、2は一度編集しました。
0 x

アバタードゥutilisateur
Did67
Modérateur
Modérateur
投稿: 18546
碑文: 20/01/08, 16:34
場所: アルザス
X 8063

パー Did67 » 03/12/14, 16:55

完了するには:

-私が言及していた40ラップのレーシングデバイスは、000秒強の追加馬力に相当するものを150〜6秒間解放できると言われています

Voir "SREC en endurance" dans : http://fr.wikipedia.org/wiki/Système_de ... _cinétique

-計算は省略しますが、間違っていない場合は、0,2 kWhのストレージになります。

-約0,02 lのディーゼルに含まれるエネルギーと同等になります(1の収率)[2 cl、またはグラスXNUMX杯のブランデー]

-私の分げつ装置を再開するために、これは私の6 kWの分げつ装置の2分の操作によって解放される仕事をします...

何百万のために??? ああ、言われません!

[または私はレースが数えない人々の気まぐれであることを示したと思います!]
0 x
アバタードゥutilisateur
Did67
Modérateur
Modérateur
投稿: 18546
碑文: 20/01/08, 16:34
場所: アルザス
X 8063

パー Did67 » 03/12/14, 17:03

さあ、最後に行きましょう!

落下量がこの数百万ドルの超高値(間違いなく)と同じ量のエネルギーを放出するように、10メートル持ち上げる必要があるコンクリートの質量はどれですか????

常に計算エラーが発生する[私はこれをポストイットに落書きし、いつものように小さなユニットサラダがあります!]:答えは7,2トンです...

さあ、とりべで、コンクリートの3 m3ブロックです。

または、ボイオティア人にとっては、長さが1,5 m未満のコンクリート製の立方体です...どんなDIY愛好家の手にも届く範囲で、平均でも!
0 x
アバタードゥutilisateur
ガストン
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 1909
碑文: 04/10/10, 11:37
X 85

パー ガストン » 03/12/14, 17:09

バックアップ電源を作るための慣性記憶装置もあります。

彼らの専門は、非常に高い電力(数百kW)を提供できることですが、非常に短時間(数十秒)で、すべて非常に優れたストレージ効率とメンテナンスの削減を実現します。
0 x
アバタードゥutilisateur
Did67
Modérateur
Modérateur
投稿: 18546
碑文: 20/01/08, 16:34
場所: アルザス
X 8063

パー Did67 » 03/12/14, 18:10

だからこそ、そのようなデバイスはありそうもない ここに適しています :きっと 非常に長い努力 ! 耕運機またはプラウを数秒間ジャンプさせても何も起こらなくても、すべてを破壊/破壊する危険があります...逆に、動きを制御する必要があります...

それが存在しない、または一般的に意味がないと言っているのではありません。

Lorsqu'au début du siècle précédent les vieux moteurs Diesel tournaien à des régimes extrêmement bas et étaient monocylindres, ils avaient une roue à inertie sur le coté (pour "alimenter" la phase de compression, en attendant explosion/détente qui relançaient le volant ; "très lent", c'était quand même quelques centaines de tours/mn).

今日でも、アフリカの至る所で、伝説的なリスターの中国のコピーが見つかります。

http://ecodieselcanada.com/indexed/9.jpg

De même beaucoup de machines à mouvement "va-et-vient" (presses par exemple), avaient un volant à inertie pour lisser l'effort demandé sur l'arbre moteur...

たとえばこれは: http://www.tracteurtradex.fr/1w315h225_ ... 3833-1.jpg

Donc mon objet n'est pas de dire ic "cela n'existe pas", ou "cela ne marche pas" : cela marche pour un stockage d'énergie sur un temps très court, généralement en mode "lissage"...

Dans ce fil, on est sur une problématique de stockage important, long et à "maîtriser"... Comme j'ai essayé de le "cadrer" plus haut.
0 x
アバタードゥutilisateur
Flytox
Modérateur
Modérateur
投稿: 13923
碑文: 13/02/07, 22:38
場所: バイヨンヌ
X 579

パー Flytox » 03/12/14, 21:24

フライホイール用。 この種のホーンバグを試したことがある場合: :Mrgreen:

画像

超簡略化モデル(漠然としたディスクの周囲を擦って力を吸収するストラップのみ)はペダルを踏むのに非常に不快であり、死体の高低を感じます。

ディスクが小さなフライホイールに似ているモデルは、ペダルを踏むのがはるかに快適で、より長く努力を持続することができます。 チュイは、関連するすべてのテクノロジーを使用して、ハンドルを狂人のように(XNUMX rpmで)回転させることが適切な妥協案であることを確信していません....
0 x
その理由は、最強の狂気です。 その理由は、あまり強くないことが狂気です。
【ウジェーヌ・イヨネスコ]
http://www.editions-harmattan.fr/index. ... te&no=4132


":問題や公害、新しい技術やソリューション農業」へ戻ります

オンラインは誰ですか?

これを閲覧しているユーザー forum :登録ユーザーおよび27ゲストはいません