シンプルな木製でストーブのガラスを清掃

消費と持続可能かつ責任あるダイエッ​​トのヒント毎日のエネルギーや水の消費量を削減するため、廃棄物...食べる:準備​​やレシピ、健康食品を見つけ、季節や地元の保全情報食品...
cortejuan
Éconologue良いです!
Éconologue良いです!
投稿: 250
碑文: 01/12/10, 19:34
場所: フランシュコンテ
X 4




パー cortejuan » 15/01/13, 19:50

今晩は、

灰の摩耗に関しては、その容量は灰を受け取るサポートに直接関連しています。それがスポンジ、湿った布、つまり柔らかいサポートの場合、リスクはありません。 。 灰に含まれる砥粒のため、ガラスの硬い表面に出会うと、柔らかい環境に浸透し、ガラスを傷つけません。

これが鏡面研磨の原理です。フェルトやベルベットの上に、非常に研磨性の高いコランダムパウダーを使用しています。 穀物は繊維に入り、ガラスへの圧力を大幅に減らします。 このように、穀物は非常に少量の材料を取り除くことによって表面をかすめて、完璧な磨きをもたらします。

たとえば、真ちゅう製のサポートに同じ研磨剤を使用すると、木目が真ちゅうにほとんど浸透せず、ガラスに引っかき傷を付けることでガラスに強い圧力がかかるため、優れたつや消し仕上げになります。

私は過去の人生でいくつかの鏡を磨きました。

真心を込めて
0 x

SixK
Éconologue良いです!
Éconologue良いです!
投稿: 371
碑文: 15/03/05, 13:48
X 7




パー SixK » 31/01/13, 23:11

お湯+スポンジが効くよ​​うです。
個人的に、私はお湯+灰(ナンセンスと言わない場合はソーダです)をろ過します。

SixK
0 x
bidouille23
グランドEconologue
グランドEconologue
投稿: 1155
碑文: 21/06/09, 01:02
場所: 英国BZH powaaa
X 2




パー bidouille23 » 01/02/13, 12:34

痴女、

ソーダ、リン酸塩じゃないの?

素晴らしい説明をありがとう、コルテフアン、ありがとう :) それは別の地域で私に役立ちます :) ...涼しい

したがって、クリストフが述べたように、火災がうまく機能する場合、たとえ消火段階中に石炭があったとしても、公称段階または公称段階に近い段階で、窓はそれ自体を掃除する必要があります。 。

私が変更する暖炉の見本市として最大の懸念は私のダロンヌであるその所有者です :) 、私が家に帰ると、ガラスが黒く不透明になることがあります :ショック: ....

しかし、(最大)火を入れてから3時間後、ガラスは表面の4/XNUMXから透明に戻ります。
そして、私はきれいなガラスシステムを入れませんでしたが、すべてがそこにあります...
(例えば、ジョトル用のきれいなガラスまたは一次空気システムは、窓の上部にある空気供給のみで、窓の前に下降して、下部の火鉢に一次空気を供給し、アフターバーナー)。

ガラスを常にきれいにするための評価は、きれいにするよりも燃やす必要があります...そして、良いストーブでさえ!!! :)



起動時に逆さまに火を作る
0 x
SixK
Éconologue良いです!
Éconologue良いです!
投稿: 371
碑文: 15/03/05, 13:48
X 7




パー SixK » 01/02/13, 13:53

ええ、wikiを見てください。水+灰は、一種のカリ洗剤を与えます。
とはいえ、古代では、ソーダは非常に特定の植物の灰を水に混ぜることで得られました...

SixK
0 x
bidouille23
グランドEconologue
グランドEconologue
投稿: 1155
碑文: 21/06/09, 01:02
場所: 英国BZH powaaa
X 2




パー bidouille23 » 01/02/13, 14:02

再、

haはい、私にとってはリン酸ではなくカリです :) ...

そして針葉樹の灰は、とりわけ最高のカリ生産者です...
綿のような非常に白い灰;)...
0 x

SixK
Éconologue良いです!
Éconologue良いです!
投稿: 371
碑文: 15/03/05, 13:48
X 7




パー SixK » 01/02/13, 21:23

とはいえ、灰にもリン酸塩が含まれている必要があります... :)
燃やされたものによると、少なくとも多かれ少なかれ量で私たちが見つけたものはここにあります:
-シリカ
-カルシウム
-カリ
-リン
-マグネシア
-酸化物
-溶接

SixK
0 x
SixK
Éconologue良いです!
Éconologue良いです!
投稿: 371
碑文: 15/03/05, 13:48
X 7




パー SixK » 13/02/13, 00:33

少し掘って forums、ガラスの汚れを抑える点火技術を見つけました。
ガラスに問題がある場合は、常にクリーニングする必要が少なくなります;)

この手法は「トップダウン」と呼ばれます。
最大の丸太(できれば大きすぎないことが望ましい)を下部に配置することから始め、次に、細かい木材を使って小さなタワーを取り付けます。 (3/4フロアは既に非常にうまく機能しています)。
最上階には、餃子(または簡単に燃えたいもの)と点火に対応する小さな暖炉があります。 :)
すべてがうまくいけば、火災は下層階に広がり、過度の煙は出ません。
ガラスは清潔に保たれます :)

その後、リロードのテクニックが登場し、残り火をガラスに近づけると、新しい丸太が底に付着します...

最後のポイント、遅い燃焼はありません!
それは喫煙するので、ガラスを詰まらせ、あなたが知っている結果を伴うダクト内のbistreの形成を可能にします...

SixK
0 x
bidouille23
グランドEconologue
グランドEconologue
投稿: 1155
碑文: 21/06/09, 01:02
場所: 英国BZH powaaa
X 2




パー bidouille23 » 13/02/13, 11:50

こんにちは。

それは私が言うよりも少し複雑です;)....何がリロードされて何が印刷されているのかについて短所によって不満を言うのはトップダウンではありません....

再充電に関しては、それはすべて一次空気取り入れ口の位置に依存します、その目的は残り火を活性化することです...空気取り入れ口の後ろのタントの前のタント、私のものでは前に何も持っていません例、特に実際には何も;)、それはのために作られていません...

燃焼のモードに関しては、やはりすべてが異なります。
私の理論は、燃えさしの量/暖炉のサイズの比率のバランスが尊重されている限り、ドラフトをそれに応じて変更でき、したがって、悪い燃焼なしに遅いドラフトを使用できるというものです...

遅いドローも私の解釈では悪い解釈です。

私が説明したいのですが、目標は木材ガスを燃焼させるために少なくとも580℃の温度にすることです。
これを行うには、残り火が必要です。残り火は、アクティブになると、ストーブに「供給する」のに十分なエネルギーを与えます(暖炉での損失を補います)。
これに、加熱すればするほど通風が増えるという事実を追加する必要があります。したがって、入口の等しい開口部で導入される空気の量をより多く変更します。

したがって、残り火の質量を増やすと、ドラフトを減らし、燃焼速度を下げることができます...

ただし、これをストーブで再生しないでください。 ストーブは防水でなければなりません

それ以外の場合は、ストーブをレースすることにより、取り扱いを誤った場合の危険性...

その後、それは木材に依存します;)、現在私はトウヒとモミを燃やしています :ショック: 非常によく燃焼して生成されるエネルギーの量は驚くべきことです...これを行うには、燃焼したい場合は広葉樹と比較して一次空気を減らす必要があります。一次空気を減らすことで、十分な量の燃焼用空気をアプリオリに残しながらのガスの速度と脱ガス(これは、今確認した燃焼アナライザーで測定する必要があります))、しかし視覚的に、そしてガラスの温度と燃焼時間のレベルは一貫しているようです。

要するにすべてはケースに応じて可変です...


とにかく私はトップダウンに戻ります;)...

ストーブをロードするとき、理論的にはランダムに行うべきではありません。
ストーブのマニュアルでは、通常、非常に特定のセクションを持つ木材の量が示されていますが、それは何のためのものでもありません;)..したがって、ストーブを最適に機能させるために、開始。
十分な木材の燃焼は、ストーブが十分に熱くなるまで「悪い」ままです。これは、発生によっては発生しない可能性があり、非常に遅く発生する可能性があります。最適な燃焼モードに到達するには、操作に30〜45分かかる必要があります(鋳鉄を尊重する必要があります;)したがって、一般的には速すぎないでください。私は約25〜30分です)...

だから、ここではあなたが考えるほど単純ではないと言っています;)...
0 x
SixK
Éconologue良いです!
Éconologue良いです!
投稿: 371
碑文: 15/03/05, 13:48
X 7




パー SixK » 13/02/13, 12:10

はい、確かに、私は十分に一般的であり、必ずしも習得する必要のない詳細には触れません。

私の場合、すべての木材が光ったら、空気の取り入れ口を少し減らします。
昨日の前日、インサートの上に燃えさしがあったのには驚きました。つまり、煙道の出口の前にある暖炉の上部の鋳鉄プレートに閉じ込められた輝く光輝片暖炉。
私は私が2週間または3週間行ったゆっくりとした燃焼を考慮して、そして前の所有者はおそらく昨年の初めにそれを一掃したと思いました(私はまだチェックしていません彼が私に連絡した煙突掃除の日付)、私はおそらく煙突の火から遠くなかった :?
突然、ドラフトを下げて暖炉の熱を落ち着かせました。


暖炉を適切な速度にしたときに、Bistreを落とすためのテクニックです。空気供給で遊んで1分または2分冷やしてから、ダクトを温めます。 私は通常、落下するXNUMX枚のbistreを持っています...この手法が良いかどうかはわかりませんが、落下するのは、常にダクト内で燃焼できるほど少ないことです...

SixK
0 x
culbuto
私はeconologic理解します
私はeconologic理解します
投稿: 112
碑文: 22/02/13, 11:50




パー culbuto » 23/02/13, 20:17

すべての表面をきれいにする粘土石(白または緑)を作ることもできます。 キッチン、ホットプレート、バスルーム、カークロームなど。 これらの石は店で高価ですが、レシピはシンプルで安価です。 石を乾かし、スポンジを湿らせ、石の上でこすり、傷のないきれいな粘土粒です。
0 x


 


  • 類似のトピック
    Réponses
    閲覧数
    Dernierメッセージ

戻る「持続可能な消費:責任消費、ダイエットのヒントとトリック "

オンラインは誰ですか?

これを閲覧しているユーザー forum :登録ユーザーおよび10ゲストはいません