注水:理解と科学的説明ドーピング水モーター:熱力学

理解の過程:アイデアの組み立て、研究、分析...物理化学的側面。
アバタードゥutilisateur
Flytox
Modérateur
Modérateur
投稿: 13830
碑文: 13/02/07, 22:38
場所: バイヨンヌ
X 544

メッセージ以外のluパー Flytox » 05/06/09, 21:10

こんにちは象
象は書きました:私を悩ます何かがあります:私はどこかで読んだ forums蒸気が熱くなりすぎないように(70°)経済学。
誰が言ったのか聞かないでください、もう数ヶ月です。
設立されましたか?

Parler de température de la "vapeur" sans dire ou la prend la mesure ...c'est un paramètre mou :泣く: :Mrgreen: Entre la sortie du GV, du réacteur, les conduits, le collecteur d'admission, l'arrivée contre la soupape d'admission ou même dans le cylindre etc...cela peut donner des lectures aux variations énormes sur la même installation.

D'ailleurs quels sont les "bons" endroits "significatifs" pour faire cette mesure ?
A+
0 x
その理由は、最強の狂気です。 その理由は、あまり強くないことが狂気です。
【ウジェーヌ・イヨネスコ]
http://www.editions-harmattan.fr/index. ... te&no=4132

アバタードゥutilisateur
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 6646
碑文: 28/07/06, 21:25
場所: シャルルロワ、世界の中心....
X 5

メッセージ以外のluパー » 05/06/09, 22:40

Merci Flytox, je posais cette question en "pur candide".
0 x
象最高名誉éconologuePCQ .....私はあまりにも慎重だけど、十分な金持ちではないし、本当にCO2を保存するのが面倒! http://www.caroloo.be
アンドレ
パントンエンジンの研究者
パントンエンジンの研究者
投稿: 3787
碑文: 17/03/05, 02:35
X 9

メッセージ以外のluパー アンドレ » 06/06/09, 04:54

ボンジュール

Pour les 70°C c'est ce qu'a dit André, il ne faut pas de vapeur humide (saturée) mais de l'air chaud contenant de micro goutelettes (et Julien Rochereau a expliqué pourquoi ca ne marchait pas ou moins bien avec de la vapeur).


Ceux qui ont commencé par faire des montages full panton avec des bulleurs transparent ,on trés vite compris que cela fonctionne bien quand le bulleur est emplie d'un nuage blanc de fines goutelettes en suspension genre fumée de fontaine faite a l'ultra son. (le bulleur devient froid )
Bien que les parametres du full panton ne s'applique pas integralement a un dopage a l'eau , ce qui ma induit en erreur longtemps ..

Ces fines goutellettes qui volent se font aussi en partant de vapeur chaude invisible, ou on fait une petite depression , tous devient laiteux avec un abaissement de temperature .
Pour éviter une saturation on doit avoir un certain volume d'air
il y a un ratio eau /air a ne pas dépasser en entrée reacteur , preferable de marcher avec moins d'eau.

Parler de température de la "vapeur" sans dire ou la prend la mesure ...c'est un paramètre mou


Dans mon cas cela varie de 130c a 180c
Cela monte assez rapidement au début du voyage vers les 170c et parfois plus (suivant la vitesse de conduite) ensuite cela descend vers les 130c pour rester stable pour une conduite 100kmh

Quand a la temperature de sortie du réacteur je la mesure trés proche de l'entré du conduit qui entre juste avant le turbos et que une fois passé le turbo il y a certainement une remonté de temperature (pas d'intercooleur) cette temperature n'est pas critique juste une indication qui nous dit que la tige est seche

Deux choses importantes l'état de la (vapeur) qui entre dans le réacteur et une tige seche.


アンドレ
Il faut stabiliser longtemps la vitesse il y a une certaine inertie sur la temperature de sortie une fois le moteur chaud
Au départ sortie reacteur 117c
画像

un arret entre cela


A 100kmh sortie réacteur 158c
画像

A 120kmh sortie reacteur 182c
画像
0 x
アバタードゥutilisateur
Capt_Maloche
Modérateur
Modérateur
投稿: 4545
碑文: 29/07/06, 11:14
場所: イル=ド=フランス
X 27

メッセージ以外のluパー Capt_Maloche » 06/06/09, 22:06

象は書きました:私を悩ます何かがあります:私はどこかで読んだ forums蒸気が熱くなりすぎないように(70°)経済学。
誰が言ったのか聞かないでください、もう数ヶ月です。
設立されましたか?


Absolument pas, au contraire même, plus le fluide contient d'énergie, plus il est efficace
exemple dans le brûleur flamme bleue, où les gaz recyclés sont supérieurs à 200°C
0 x
消費は、検索慰め、成長実存的空虚さを埋めるための方法と似ています。 キー、欲求不満の多くと少し罪悪感は、環境意識を高めること、と。(ジェラール・メルメ)
AAHH、OUCH、OUILLE、OUCH! ^ _ ^
アバタードゥutilisateur
クリストフ
Modérateur
Modérateur
投稿: 51833
碑文: 10/02/03, 14:06
場所: 惑星セレ
X 1084

メッセージ以外のluパー クリストフ » 06/06/09, 22:16

Ne sois pas si sur de toi Maloche...un moteur c'est pas une chaudière et pense à Carnot! :?
0 x
Ce forum あなたを助けましたか? 彼も助けて 彼が他の人を助け続けることができるように- エコノロジーとGoogleニュースに関する記事を公開する

アバタードゥutilisateur
クリストフ
Modérateur
Modérateur
投稿: 51833
碑文: 10/02/03, 14:06
場所: 惑星セレ
X 1084

メッセージ以外のluパー クリストフ » 06/06/09, 22:30

Je ne comprends pas bien ce que tu dis, tu peux être plus explicite stp?

Euh oui le CO est un gaz combustible même médiocre ca en reste un...c'est le principal composant (avec 1 peu d'H2) du gaz pauvre ou gaz de gazogène...

Pour ce qui est d'être LA solution je ne sais pas, mais c'est surement une des solutions les plus éconologique, et oui pour la régulation...

Dommage que les motoristes l'ignorent...
0 x
Ce forum あなたを助けましたか? 彼も助けて 彼が他の人を助け続けることができるように- エコノロジーとGoogleニュースに関する記事を公開する
アバタードゥutilisateur
Capt_Maloche
Modérateur
Modérateur
投稿: 4545
碑文: 29/07/06, 11:14
場所: イル=ド=フランス
X 27

メッセージ以外のluパー Capt_Maloche » 06/06/09, 23:19

クリストフは書きました:Je ne comprends pas bien ce que tu dis, tu peux être plus explicite stp?


moi y'en dire que:
H2O + C = H2 + CO : les particules de suie incandescentes (les imbrûlés) réagissent avec la vapeur d'eau, il faut pour cela une température supérieure à 950°C et si possible inférieure à 1300°C, d'où les difficultés rencontrés par nos testeur amateurs sur tous ces systèmes

CO+H2O<>CO2+H2 : Le CO issu de la première réaction et d'une combustion imparfaite réagit avec la vapeur d'eau pour fournir de l'hydrogène; la aussi la T° doit être supérieure à 950°C faute de quoi il y aura excédent de CO

H2+2O2<>2H2O : l'hydrogène produit par les deux premières réactions contribue à la combustion des imbrûlés, à maintenir l'explosion plus longtemps et donc à augmenter le rendement.

tout ça suffit bien à expliquer les bénéfices de l'injection de vapeur d'eau :D
0 x
消費は、検索慰め、成長実存的空虚さを埋めるための方法と似ています。 キー、欲求不満の多くと少し罪悪感は、環境意識を高めること、と。(ジェラール・メルメ)
AAHH、OUCH、OUILLE、OUCH! ^ _ ^
アバタードゥutilisateur
クリストフ
Modérateur
Modérateur
投稿: 51833
碑文: 10/02/03, 14:06
場所: 惑星セレ
X 1084

メッセージ以外のluパー クリストフ » 06/06/09, 23:27

Capt_Malocheは書きました:tout ça suffit bien à expliquer les bénéfices de l'injection de vapeur d'eau :D


Comment peux tu en être si certain? Tu peux faire une estimation des gains avec les enthalpies des 3 réactions stp? Juste pour voir si l'ordre de grandeur est là? Ceci en se basant sur quelques témoignages de tracteurs par exemple pour voir si ca "colle" avec les gains de consommation du carburant...

Le 1er probleme va venir d'estimer la quantité de "C" qui se retrouve dans ta 1ere ligne: dur à savoir...

Ca vient des suies uniquement (donc dans les phases ou la réaction de combustion est "mauvaise") ? Ou bien chaque atome de C contenu dans le carburant a une "chance" de faire cette réaction lors de la rupture des chaines d'hydrocarbures ? Pas évident de trancher...
0 x
Ce forum あなたを助けましたか? 彼も助けて 彼が他の人を助け続けることができるように- エコノロジーとGoogleニュースに関する記事を公開する
アバタードゥutilisateur
Capt_Maloche
Modérateur
Modérateur
投稿: 4545
碑文: 29/07/06, 11:14
場所: イル=ド=フランス
X 27

メッセージ以外のluパー Capt_Maloche » 08/06/09, 23:18

Ouais, dès que j'ai 5 minutes, c'est à dire en Aout :泣く:

tu oublies la quantité de vapeur d'eau injectée, tout cet H2 et O2 qui vont réagir avec le C en cours de réaction, le CO et les imbrûlés

promis, je m'y met en Aout
0 x
消費は、検索慰め、成長実存的空虚さを埋めるための方法と似ています。 キー、欲求不満の多くと少し罪悪感は、環境意識を高めること、と。(ジェラール・メルメ)
AAHH、OUCH、OUILLE、OUCH! ^ _ ^
アバタードゥutilisateur
クリストフ
Modérateur
Modérateur
投稿: 51833
碑文: 10/02/03, 14:06
場所: 惑星セレ
X 1084

メッセージ以外のluパー クリストフ » 18/05/11, 14:28

このテーマに関する重要な合成メッセージからコピー/貼り付け: 理解噴射水/特許ルノー・射出の水アンドモータGP-t10733.html 水噴射エンジンで起こりうることの説明について。

クリストフは書きました:
dedelecoは書きました:物理的測定により実際の物理的メカニズムを理解し、可能なメカニズムを明確にすることは興味深いでしょう。


もちろん、これは何年もN人によって行われてきました。私たちはすでにすべてをN回合成しようとしましたが、明らかではありません。 注射水/ドーピングモータ-AL-水熱力学-t4883.htmlを理解

だから私は自分でそれをやり直します(あなただからです、ピコロのような道化師が私の平手打ちをしているからです)私はこの答えを書くのにほぼ1時間かかりました!

すべてがさまざまな会話から来ています。 注射用水を理解します/

水ドーピングの最も顕著な効果と情報を思い出してください(イオン化リアクターの有無にかかわらず):

1) 水で燃やされていない炭素soによるH2生成反応:C + H20O +熱= CO + H2

結果:非常に良好な燃焼の改善、一方ではサイクル内のすすを減らすため、他方ではH2のおかげで非常によく燃焼します!

ここで詳細に開発: 注射水/ドーピングモータ-AL-水熱力学-t4883.htmlを理解

2) オクタン価の増加 (すべてのラリードライバーに知られているガソリンまたはターボガソリン用の水噴射キットがあります)

https://www.econologie.com/injection-ea ... ssentiels/

3) ピストンのより均一な推力 =軸によりとどまるピストン=シール性が良く、ノッキングが少ない、これはモーダル解析で測定されていました(現場で研究を行ってください、すべてがそこにあります)!!! ピストンとシリンダーの摩耗が少なく、オイルも摩耗します

理由:すすが少ない(1を参照)+ブローバイが少ない(ピストンの傾きが小さい)=オイルのクリーナーが長い

4) 原子炉出口での湿った空気のイオン化 (存在する場合)=燃焼反応の改善(より良くイオン化する酸性水がより良い結果を与えるという事実により経験的に検証された)。 ラジカル反応を見る

https://www.econologie.com/ionisation-vapeur-eau/

5) 長時間のリラクゼーション作業(過剰な蒸気のおかげ) =トルクの増加(ほぼすべてのドーピングで見られます)。 それは、「実質的に」ピストンストロークを増やすようなものです。

これを説明する図もあります(水をドープしたモーターの図は、下の2番目の図に近づくと思われます)。

理解射出水/ -operationデュドーピング-AL-水図t2356.html

画像

6) 水のおかげで燃料の揮発性/分散性が向上

7)水の熱分解(私の意見では、1)の炭素との反応よりも効率が悪い)

https://www.econologie.com/hypothese-thermolyse-eau/

Lavoisier「鉄炭素水」反応:
理解噴射水/操作によって-M-ラボワシエール-水素および - 鉄 - t1069.html

そして、思い浮かぶ仮説を追加します

8) 部屋内の熱交換の改善による燃焼の改善(l空気は乾燥空気よりも優れた導体です!)ポイント6にリンク

これを説明する記事がありますが、それ以外は次のとおりです。 https://www.econologie.com/synthese-the ... r-pantone/

結論:

水のドーピングは、これらのすべての効果の「大きな混合」であり、それぞれがエンジンの効率に全体的に多かれ少なかれ影響を及ぼします!

エンジンの負荷が大きくなるほど、ドーピング効率が重要になることに留意する必要があります(40〜50%までの消費量の違いは真実ですが、実際にはエンジン、つまり赤いパイプを「ナグ」する必要があります!確かに非常に興味深い効果が発生します。おそらく原子炉で発生しますが、そこにたどり着くユーザーはほとんどいないでしょう9)私は知らず、まだかなり仮説に基づいているので上に引用していません。 原子炉内のガスキャビテーション(常温核融合、超高輝度??) こちらをご覧ください エチュード-のロッド原子炉PANTONE-加熱又はキャビテーション-t4944.html

発電機の結果は、エンジンに十分な負荷をかけないエンジンテストベンチのように弱いかゼロです。これは、搭載されている発電機と比較して、常にエンジン出力の予備があるためです!!! 多くの実験者は、このためにホグウォッシュをドーピングしていると結論付けています!

逆に、一定の負荷を下回ると、効果はゼロになる可能性があります(登山のない町では、ドーピングを減らし、エコドライブを行います)。 エンジンの出力の増加と速度に対する抑制は、ドーピングの影響がますます少なくなることを意味します!

私たちは長い間これを原子炉の熱にかけてきました、私たちは間違っていたと思います:私にとって、2011年には、燃焼室の熱が原子炉の熱よりも影響力があります。明らかに2つはリンクされています...特に効果がある場合は9)

彼の本のヒプノウ(参照 履歴のドーピングアル・水モーター・ビデオ・HYPNOW-t10570.html )これを説明する図を掲載しています(T°リアクターまたはチャンバーを区別せずに)。 さらに詳しく説明します!


最終的に、これらの効果のそれぞれの重要性を私たちの手段で与えることは不可能であり、エンジンBEだけがそれを行うことができます...そして再びそれが彼らの手の届くところにあるということさえ全くありません...

dedelecoは書きました:ビルダーがこの種の基礎的な研究をたくさんしているという印象を受けません。

このようなデザインオフィスで働いているように見えるPicoloの反応は、先験的に非常に軽empt的であり、カルノーサイクルを通じて理解された深刻なエラーなしにすべての詳細な物理研究をブロックする基本的なエラーでそれを示しているようです。
一部のメーカーがこのピコロのエラーを犯した場合、私は怖がっており、すべてが間違っています。


エンジンメーカーはこれをすべて知っています! 彼らが本当に馬鹿とすることを知らないということを言うには(BEのいくつかのインジェや意思決定者は、ラバの本当の頭であり、オープンマインドなしで、あるべき形式であり、ピコロはおそらく例です(? )、しかし、彼らはおそらくばかではない!!)。

自動車メーカーは、数週間で高性能の水ドーピングを開発できるのはなぜですか? 私の意見では、彼らは今のところ興味がない! しかし、彼らは一種の「自生」水ドーピングであるEGRでそれを行うために模索しています...


+未開発を説明しよう:

クリストフは書きました:
アラン・Gは書きました:ビルダーは、プロットよりもはるかに単純な理由で、むしろ腐食と凍結の問題のために水を拒否すると信じています


腐食ではありません。排気管を通過しない「水」が既に存在します。1Lの燃えた燃料= 1 Lの水が形成されました!

したがって、「はい」の凍結は、すでにより信頼できる「言い訳」になります。
2番目のタンクも満たす必要があるという事実...(伝統)。

彼らが望むなら短所によって(そして彼がドーピングを開発することを決定した場合、これはいつかです...特許はすでに申請されています)、何も、技術的には、水性ガスの凝縮を防ぎますしたがって、排気(石油の燃焼から生じるもの)は、タンクを充填することなく「内部的に」機能します!

霜が発生すると空になる小さなバッファタンクがあります。

車に乗った後は、投資と追加費用と比較して、すべてが商業的な利益の問題です(彼らにとって)!

私たちが知っている現在の状態では、水ドーピング(例えばエンジン負荷の理由のため)が新しい車に未来があるかどうかはわかりません...

しかし、建設業者は私たちが知らないことを確実に知っています...もし存在するなら、この有名なキャビテーションをマスターできると想像してみてください?


水のドーピングは、これらのすべての効果の「大きな混合」であり、それぞれがエンジンの効率に全体的に多かれ少なかれ影響を及ぼします!

エンジンの負荷が大きくなるほど、ドーピング効率が向上することに注意してください(最大40〜50%の消費差は真ですが、真でなければなりません)
0 x
Ce forum あなたを助けましたか? 彼も助けて 彼が他の人を助け続けることができるように- エコノロジーとGoogleニュースに関する記事を公開する




  • 類似のトピック
    Réponses
    閲覧数
    Dernierメッセージ

戻る「水注入:理解と科学的説明」

オンラインは誰ですか?

これを閲覧しているユーザー forum :登録ユーザーなしおよび1ゲスト