渦風車タワー:合成

Forum 直接放射太陽エネルギーからの太陽光発電PVおよび太陽光発電。
アラン・クストゥ
私はeconologic学びます
私はeconologic学びます
投稿: 15
碑文: 29/01/05, 16:55
X 1

渦風車タワー:合成




パー アラン・クストゥ » 30/06/07, 11:16

エアロジェネレータータワー(またはVORTEXタワー)

風力タービンタワー(またはボルテックスタワー)は、最初のプロジェクトが40年前にこの分野の先駆者であるフランス人エンジニア、エガードアンリナザレによって開発されたソーラータワーのファミリーに属します。 Nazareプロジェクトとそのすべての後継モデルと比較して、空気発生塔は、使用される力の数と自然効果の両方によって、想定されるカロリー源の多様性によって、かなりの新しい機能をもたらします。構造は、周辺の温室とカロリー貯蔵システムの特性によって、そして最終的には競合するプロジェクトから予想されるものよりはるかに高い収量によって。 これらの塔は、2人のデザイナーによる約30カ国で特許の対象となっています。大学の研究者Alain Coustou(ボルドー大学の講師、エネルギー、気候、持続可能な開発のスペシャリスト) )とコンピュータ科学者ポールアラリ(コレクションディレクターEonsオンライン版)。

彼らの促進者によると、風力タービンタワーはクリーンで安価なエネルギーの大量生産のための将来の解決策です。
原子力発電所を備えた国々では、当初は追加の核分裂性物質を消費せずに発電量を大幅に増やすことでエネルギー効率を高め、その一方で熱放出を減らして、それを人口 - そして火力発電所を完全に置き換えます。 そのため、最も古い、または最も安全性の低い原子力発電所を非常に早く停止することができました。
すべての国で、風力タービンタワーは、再生可能エネルギーのみで自律的に運転することも、大量の電気を生成し、時間の経過とともに熱による影響を減らすことによって工業用冷却水の排出量を増やすこともできます。環境
第2段階では、燃料を使用せず、温室効果ガスを排出することなく、原子力の最終的かつ円滑な代替を最終的に保証し、大量生産と完全に汚染のない電気エネルギーの低コストを可能にします。

フランスでは、発電所は温室効果のドリフトにほとんど寄与しません。この国では、5%の電力が火力発電所で生産されることはほとんどなく、主に消費ピーク時に動員されます。
しかし、残念ながらそれは世界レベルでは同じではありません。 全電力の3分の2以上が火力発電所、石炭、石油またはガスの燃焼によって生み出されています。 この状況は、その結果が制御を免れる恐れがある温室効果を劇的に増加させることに寄与する。 加えて、熱源から電力を生産するコストは、企業であろうと個人であろうと、ユーザーの利益のために、原油価格の上昇と共に増大する傾向がある。

したがって、低コストのkW / hを供給できる、完全に無公害のプラントを開発することは根本的な問題です。 太陽光発電と風力発電はどちらも法外に高価であり、可用性が限られているため、水力発電がほぼ限界に達しているため、これはなおさらです。追加できるのは1つだけです。 特にその廃棄物の再処理およびその長期貯蔵の安全性に関して、それが提起する懸念のために原子力が議論されている。
幸いなことに、INPIによるフランス特許の付与の対象となった空力発電タワーのプロジェクトで提案したもの(特許番号0408809)という解決策が存在します。 非常に好意的な予備報告の後、世界特許は1月に約30カ国のために2007に付与されました。 ここでは、一般的な原理、説明、操作、および多数の利点について説明します。

I - 一般原則:

中空の塔のような構造を基部に張り出し、4つまたは5つの力と自然の効果を組み合わせて、低コストの電気エネルギーの大量生産と恒久生産を、汚染なしで、天然資源の消費なしで最適化風力タービンの場合のように風政権の不規則性によって罰せられることなくそして制限されない。
使われる力と自然な効果は:
1煙突効果
2-温室効果
3 - コリオリの「強さ」
4-ベンチュリ効果
5 - さらに、風はタワーの運転に必要ではなく、補足を提供する可能性があり、産業から来る低温カロリーを使用することによって設備の効率と収益性を強化することが可能です。そうでなければ大部分が失われた。

II - そのさまざまな要素の構造と機能の説明

国際特許の詳細な説明、計画および本文は、空中発電塔の設計者のサイトで調べることができます。
http://groups.msn.com/ToursAerogeneratrices2/
Googleの検索エンジン(高度な検索)を使用すると、風力タービン(完全な表現を入力)またはその元のデザイナー(Alain Coustou)への参照を多数見つけることもできます。

想定されるA /最適寸法:
- 高さ:300メートル
- ベースの直径:200メートル
- 上部の内径:25から30メートル
- 建物の基部周囲のガラス張りの領域(温室効果):自律運転での3から5 Km2、工業用冷却カロリーの回収または他の再生可能資源からの回復力と自然の影響のはるかに少ない(地熱エネルギー)。
利用可能なカロリーとニーズに応じて、より低い寸法も可能で、原則は少なくとも100メートルに等しい任意の高さに対して効果的に機能します。

B /説明、ベースからトップへ:
1)フレアベースは、全体に対して完璧な安定性を保証し、黒く塗られています。 シャッター付きの吸気口はこのベースの周囲に配置され、鳥の偶然の侵入を防ぐためにフェンスで囲まれています。
それぞれの入り口の間には仕切りがあります。 同時に支持構造として機能する仕切りは、タワーの中央部で中断されている。 それらはタワーに吸い込まれた空気の回転運動を開始するために湾曲した(平面)形状を有し、その回転は基部から頂部へ増大しそしてコリオリ力のおかげで自立的である。 。
2)建物が水資源のある地域に建てられているかどうかに応じて、ベースは異なる性質のエリアに囲まれています。
- 水力資源のある地域では、黒い壁と底のある盆地が夜間の相対的な蓄熱体として機能します。 各プールは蒸発を制御するために黒い浮遊毛布を備えていてもよい。
- 乾いた場所や砂漠の場所では、瀝青やコンクリートの黒いステンドグラスで覆われた床面でも同じ機能を果たすことがあります。
両方の場合において、太陽熱カロリーの捕捉のために想定される面積は、自律的に使用されている場合には数Km×NUMXであり、中心から周辺へわずかに傾斜し、温室効果を生み出す窓によって支配される。 実際には、温室の面積は平均的な日光と場所の緯度によって異なります。 それはフランスの南部で2 mの塔に対して4 Km2のオーダーである可能性があります。
しかし、工業用カロリーの回収や原子力発電所からの回収の場合には、この面積はかなり減少する可能性があります。

3)タワーの直径はベースから次第に狭くなり、上昇する気流のかなりの加速をもたらすはずの特徴(煙突効果とベンチュリー効果の組み合わせ)。
塔の上部は円筒形またはほぼ円筒形であり、場合によってはわずかに円錐台形であり、好ましくは薄い色、例えば白色で塗装されている。
空気柱のエネルギーを電気に変換する装置は、センサーによって制御され、コンピュータープログラムによって管理される数段のタービンまたはプロペラから構成され、建物の最上部の直前に設置されています。 この装置は、その運動エネルギーのかなりの部分の変換にもかかわらず、空気柱の排気をより確実にするためにそのレベルでタワーのフレアを伴うことがある。
最後に、タービンの出口で発散するフェアリングがタワーの頂部での気流の乱れを抑制し、いかなる場合でも騒音を排除する。 300メートルに上昇し、気流は空に向けられるでしょう。 さらに、タワーが原子力発電所の近くにある場合、それを取り囲む建設不可能なエリアを考えると、住人はいないでしょう。 航空交通への危険性があるとき、それはゼロになるでしょう、なぜなら発電所の設立の区域は飛行中禁止されているからです。 上昇する空気プルームの存在は、近隣の発電所の確保にさえも寄与するであろう。

III - 操作:

A /温室効果:
塔のふもとの周囲の空気は、一般的に山頂よりも暖かいのが普通ですが、ガラス張りの表面がもたらす温室効果のおかげで温度が上がります。
カロリーの蓄えは、アスファルトの床を加熱することによって形成されるか、または黒く染められたコンクリート、あるいはもっと良いことには、八角形または四角形の流域で覆われます。 カロリーの日内貯蔵容量は、それが瀝青やコンクリートの場合よりも盆地の場合の方が確かにはるかに大きい。 これらの盆地自体は黒色であり、太陽熱を吸収することができる硬質の浮遊毛布または半硬質の黒色で覆うことができます。 この装置は、それを節約するために、または塔の頂部で起こり得る凝縮を制限するために、水タンクの蒸発を減少させることが必要であると考えられる場合にのみ有用であろう。
同じ理由で、タワーの張り出した基部自体を黒色に塗装し、傾斜が45°未満の部分全体にわたってグレージングすることによって断熱することができる。
建物の底面全体に吸収帯と吸収カロリーのブラックゾーン - つまり、自律運転では、コンクリート、ビチューメン、さらには盆地からなるKm2の範囲 - は、窓ガラスの下にガラス張りで張り出しています。それはタワーによって吸われる前に加熱される空気を循環させます。

2)このグレージングエリアは電子制御のシャッターシステムで囲まれており、中低風の加熱された空気の使用を最適化します。 これらのシャッターを操作することで、激しい風が原因で発生する可能性がある過剰な過剰圧力に関連するリスクを回避することが可能になります。 それはまたタワーの性能を改善するでしょう。

3)原子力発電所または火力発電所の敷地に塔を設置することで、発電所の冷却回路の水のカロリーを使用して三次回路に伝達することが可能になります。 後者の水は、プラントの熱力学的効率を維持する必要性に関連する制約に応じて、最も近い基地またはより遠い基地のいずれかからタワーの下またはタワーの外側の流域に向けられる。 。 私達は同じ流域の上で霧にするか循環するかのどちらかのために塔の基部(現在の冷却塔のように)または外側の流域の上にカスケード水三次回路を考慮することができます細いパイプのネットワークの二次回路の水は直接カロリーの水にカロリーを伝えるために洗面器に置かれます。 どのモダリティが選択されようとも、提案されたシステムはこのレベルで現在冷却塔の機能であり、塔の基部と直接隣接するグリーンゾーンは熱伝達のゾーンとして機能するであろう。 私達はこの伝達のためのさまざまな構成を検討しています。 私達が上で言ったように、選ばれた構成は明らかにカロリーが回復されるであろう植物の熱力学的効率を保存するべきである。 従来の冷却塔に取り組んだエンジニアの経験とノウハウは、ここで提案されたシステムの最適化を確実にするでしょう。
この解決策は、温室の面積を大幅に縮小し、温水の野生への排出を制限するという二重の利点を有するであろう。 さらに、タワーのこの位置は、KN / hの原価をかなり下げることを可能にするべきであり、それは2ファクタ、さらには土地、変電所および非常に高い電圧線の以前の利用可能性によってはさらに下げられる。一部の人件費も発電所と共有することができます。 最後に、発電所からの高温の排水を使用することで、河川や海での取水量を減らすことが可能になり(現在は各冷却塔で毎秒50立方メートル)、水の排出を制限することができます。これらの同じ川や海の中で暖かい水は、従来の冷却塔を役に立たなくします。 これまで、原子力発電所の冷却塔の後に排出される水は、それらが取られた時よりもまだ暖かい、海への排出のための15℃および海への排出のための12℃。川。 したがって、原子力発電所に加えて空気発生塔を設置することの解決策は、kW /時当たり特に低いコスト(おそらくXNUMXセンチメートルdのオーダー)を保証しながら、環境の保全を大いに改善する可能性が高い。 EUR / kWh、原子力発電用の2および風力タービン用の3,5から10に対して)および持続可能な開発のための条件を保証する。
そのため、原子力発電所全体(または火力発電所)と空気発生塔の性能が向上するのです。

しかしそれだけではありません。
比較的高い温度で十分な流出物の流れが利用可能である場合には、水の全部または一部を塔の底部の下および/または貯水池の上に直接空気中に噴霧する。カロリーはタワーによって吸われる空気へのこれらの伝達を改善する可能性があります。 さらに、この空気を湿気で満たすことは、塔の上で起こり得る無害な凝縮現象を犠牲にして、空気発生塔で発生する人工風のエネルギーを増加させるであろう。
同様に、温泉、地熱エネルギー、または産業起源のカロリー(鉄鋼業、鋳物工場、セメント工場、焼却炉など)を使用して、水の予熱とほぼ同じ利点で流域に給水することができます。塔のふもとから。 空気生成タワーの原理は、XNUMXメートルから約XNUMXメートル以上の範囲の寸法に有効であり、再びカウントすることなく、回収可能なカロリーの重要性にタワーの寸法の選択を適合させることが可能である。太陽カロリーとその盆地での貯蔵

B /煙突効果、コリオリ力、ベンチュリ効果の組み合わせ:

1)暖炉効果
ガラスの表面の下とタワーのフレアベースの下に閉じ込められた暖かい空気は、煙突効果によって中空構造に入ります。
このよく知られている現象だけでは、高さが300メートルに制限されているタワーの装置の十分な効率を確保するのに十分ではないでしょう。 スペインとオーストラリアでのソーラータワー建設プロジェクトのように、煙突効果に限定すると、500メートルの高さに1000タワーが必要になり、深刻な建設問題が発生します。 そしてまた! 気柱の上昇速度は最高で時速約60キロメートルに達することができず、全体的なパフォーマンスは平凡なものになるでしょう...
これが、空気を発生させるタワーの非常に特殊なアーキテクチャが効力を発揮し、2つの補完的な自然の力を利用することによって生み出されるエネルギーを最大化することになります。

2)コリオリの力(または効果)
タワーの基部に入る空気は、その回転を開始する湾曲した仕切りによって案内されます。 各空気入口ベイ間に生じるこれらの仕切りもまた、キャリア構造機能を果たす。 タワーの中心の中心は上昇する空気の回転の対称性を保証する。
したがって、コリオリ効果によって維持され増幅される旋風現象、サイクロンの回転方向および大気の急流の起点にあるこの自然な「力」が開始される。 このようにして、私たちは囚われのそして自立的な竜巻を手に入れました。 熱風は上昇することでもはや満足されないが、タービン段の場合と同じ方向への急速な回転運動によって活気づけられる。
後者に伝達される運動エネルギーのわずかではない補足に加えて、上昇気柱のこの回転は、周囲媒体に対する相対速度を増加させることなくタービンの毎分回転数を増加させることを可能にする。 この最後の点は、空気発生塔の解決にとって重要なさらなる空気力学的利点である。

- コリオリの「強さ」は地球の自転の結果です。 北半球では、移動する気団を右に偏向させて回転させる傾向があります。 自然界では、この現象は特にサイクロンや竜巻の回転方向の起点にあります。 南半球ではこの回転方向の反転があるので、赤道に近づくにつれてコリオリ力は弱まり、その点で赤道は消滅します。 一方、温室効果は熱帯地域の空力発生塔の周囲で最大であるため、地球のこの部分ではコリオリ効果の弱さを補うことができます。

3)ベンチュリ効果
底部がフレアになっており、煙突効果によって空気が上昇するにつれて内径が狭くなるタワーの特定の構造は、ベンチュリ効果によって上昇する空気流と回転を大幅に加速させます。ゆっくりとした川の流れが、ベッドが狭くなると加速するのと同じ効果があります。 タワー上部の内径がベースの1 / 7thに等しく、温度差が約30度の場合、気柱の速度は数百km / hになります。この速度が多くのマッハXNUMXを超えることを回避することだけが必要であろう。なぜなら、それを超えると、直径のXNUMXメートルのタービンの流れの制御およびブレードの抵抗の問題を引き起こす遷音速場に到達するからである。
したがって、エアコラムによって運ばれるエネルギーは、管状構造内の単純な煙突効果および基部から上部まで一定の直径によって得られるものと比較してかなり増幅される。

ベンチュリ効果の計算は非常に簡単です。底面と上面の間で、気流の速度にタワーの底面と上面の底面/内面の比に等しい係数が掛けられます。 直径の比率が7に等しい場合、表面の比率は49に等しくなります。 中央コア、ベースの半分に湾曲した仕切り、およびタービントレインの固定具によって占められる面積を差し引くことによって、それは約50に達する。 したがって、基底部での上昇速度が10 Km / hの場合、タービン基部でのより狭いレベルでの潜在速度はX NUMX Km / hとなります。 もちろん、他のパラメータも考慮に入れる必要があります。基部と上部の間の温度差を大きくすることで、はるかに高い速度を得る可能性、空気柱の回転による運動エネルギーの補足運動エネルギーの捕捉のためのタービンの存在、コンプレッサーおよび排出弁の使用など

C /空気柱の運動エネルギーの電気エネルギーへの変換:
捕獲された自立型の吹き出し口のエネルギーは、一連のタービンまたはプロペラによってタワーの上部に集められます。全体が上昇する気柱を詰まらせないように特別に設計されています。 タービンはセンサー(気流の速度とタービンの回転の記録)と特定のコンピュータープログラムによって管理されます。 タワーの基部まで延長されたタービントレインの中央コアは、タービンの重量を支え、ケーブルや内部エレベーターを通過させるのにも役立ちます。 さらに、人工サイクロンの「目」の軸に位置しているため、気柱の回転を妨げることなく対称性を確保するのに役立ちます。
運動エネルギーの75%以上がこのようにして電気に変換されると予測することは合理的であり、残りは避けられない圧力損失に相当するか、または暴風現象の自己維持を意図している。 したがって、蒸気タービンまたは水力タービン(設備の種類に応じてXNUMX%程度)の効率に達することなく、効率は、したがって、風力タービンから理論的に得ることができる効率よりも高い。これは、単一ダクトの水平軸風力タービンでは、入射風の運動エネルギーの90%以上を機械的エネルギーに変換することは不可能であることを証明している。 塔の構造、強制的な空気の加速、タービンのいくつかの段の使用、いくつかの力と自然の効果の組み合わせ、そして回復カロリーはこの制約を克服します。
いずれにせよ、たとえ「ベッツの法則」が単一のタービンを備えた単純化されたタワーに適用されたとしても、それは同じ直径の風力タービンのそれより4000倍以上利用可能な電力をもたらすでしょう。 2つの解の間の風速差は、XNUMXのオーダーであり、利用可能な電力は、電力XNUMX(2倍速= XNUMX倍の電力)である。 16 = 3倍のパワーを掛けたもの)。 空気発生タワーと従来の風力タービンとの間には、実際にはジェット機平面と軽プロペラ機平面との間に存在するものと同等の相違がある。 タワーの内部構造もターボジェットエンジンの内部構造と明らかに類似しています。
このようにして得られた発電は永久的です。 特に、これは従来の風力タービンとは異なり、ほぼ完全に風とは無関係です。 考えられる変動は、ベースとタワーの上部の気温の違いによるものです。
このシステムは蓄熱式で作動し、純粋な太陽熱作動の場合でも、日中に熱を蓄積し、夜間に使用して発電することができる。
設置容量は数百メガワットになる可能性があります。自律運転では500から700 MWのオーダーで、基地の空気と山頂の空気との間には30度の差があり、この場合は1000 MW以上です。冷却回路からの排出物のカロリーが回収される火力または原子力発電所の近くの設備。
しかしながら、現在は発電所によって本来不必要に消費されているこれらのカロリーは無視できない。 ここでは、フランスで最後に建設された発電所よりもやや電力が少ないスイスの原子力発電所Gösgenの例を示します。 このプラントの冷却塔は、低大気中で年間数百万kWh以上の熱量を放出しており、これは年間約十億kWhに相当します。 しかし、それは塔によって冷却された後に失われるエネルギーです。
そのような発電所の二次回路の熱の回収は、各風力タービンタワーについて少なくともXNUMX MW以上に等しい電力に達することを望み得、したがって原子炉のそれに近づく。 それは、原子力発電所に結合された発電所の熱効率のいかなる低下も単に回避すべきであり、それはいかなる困難も提示してはならない。

IV - いくつかのボーナス:

高さ(最適寸法は300メートルのオーダー)とその構造(フレアベースの上にある準円筒形の上部)によって、空気を発生させるタワーは補完的に使用される可能性があり、実用性を補完するものではありません。さらに収益性を高めるためにはごくわずかです。 それらのいくつかはここにあります:
山頂近くの円形のメンテナンスプラットフォームは、森林地帯の消防署として使用できます。
アンテナ、送信機、再放送局:ラジオ、テレビ、携帯電話など 送信アンテナは建物の高さから作用半径が大きくなるという恩恵を受け、人口に危険をもたらすことはありません。
風速が安定している地域では、タワーの準円筒形部分を回転する環状の風力タービンのリング(垂直軸となる)は、従来の風力タービンで得られるものよりはるかに経済的なエネルギーボーナスを提供します。タワーによって構成された「フリーパイロン」の高度は、地面の起伏に邪魔されずに、風の流れのより大きな安定性を保証するでしょう。

当初、発電機タワーと原子力発電所を結合することは、いくつかの原子炉の即時運転停止を可能にしながら、両者の効率を著しく改善するだろう。 これはまた火力発電所(世界の増加する発電量の3分の2、忘れないでください!)を操作することをさらに容易にするでしょう、そしてフランスの経済成長に深刻な後押しをするために、ヨーロッパと世界 - そしてそれゆえ雇用 - そして自然保護のために。
さらに、従来型の電力、原子力または風力の生産に既に従事している企業のノウハウは、空気発生塔の開発、建設および管理において驚くべきことをするはずである。 この新しいエネルギー革命に乗り出す人々にとって、ブランドイメージを改善しながら、エネルギーの面で世界の主導的地位を獲得または維持するチャンス。
その後、寿命が尽きた原子力発電所の発電を停止する必要があるときには、社会的なドラマや経済的な問題なしに、空気を発生させる塔が引き継ぐ必要があります。 ソーラーカロリー​​センサー(温室)の表面を広げるか、低い回収可能カロリーを生み出す活動の近くでの植え込みを支持するか、あるいは発電所の原子炉の一つをで動作させることによってそれを保存することで十分でしょう。低カロリーの発熱体(沸騰していない水)としてのみアイドル状態にし、数回給餌します。 原子力発電所を持っていない国では、火力発電所で失われたカロリーを使うこと、そして同じ条件下で太陽熱カロリーを使うことを避けることが常に可能になるでしょう。塔の運転に有用な工業用または地熱システム。
解決策 "ToursAérogénératrices"は確かに普遍的な職業の解決策です。 そして、プロジェクトが専門知識のために提出されたエンジニアの一人が指摘したように、それは「世紀の発明」と「新しい経済革命」の始まりであるかもしれません。

結論として、風力タービンタワーはあらゆる点で完璧なソリューションです。 彼らは大量にそして特に低コストで電気を生産するだけでなく、化石燃料を使用せずに持続可能な開発を保証するでしょう。 空気を発生させるタワーの環境への危険性はゼロです。 それがタービンにそのエネルギーの大部分をあきらめるので、捕虜の竜巻は逃げることができません。 さらに、この装置はガスを放出せず、環境へのダメージを最小限に抑えます。
まず、おそらく単純化された比較的安価なモジュール構造の形で評価モデルを構築することによって、そして次に実装することによって、空気発生塔の開発を支持する迅速な決定を導くべきであるすべての理由フランスと世界中の野心的な建設プログラムへの途上。

アランクストゥー - 13-06-2007


追伸:本発明は国際特許の主題であり、フランスとヨーロッパ、アジア、北米の30カ国で保護されています。
1 x

アバタードゥutilisateur
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 6646
碑文: 28/07/06, 21:25
場所: シャルルロワ、世界の中心....
X 6




パー » 30/06/07, 14:07

この素晴らしい記事をありがとうございました。

あなたはオーストラリア人の1タワープロジェクトがどこにあるか知っていますか? 建築許可は2006で発行されたと思いますか?
0 x
象最高名誉éconologuePCQ .....私はあまりにも慎重だけど、十分な金持ちではないし、本当にCO2を保存するのが面倒! http://www.caroloo.be
アバタードゥutilisateur
Willaupuis
私はeconologic理解します
私はeconologic理解します
投稿: 83
碑文: 02/08/05, 22:03
場所: トゥルネーの地域




パー Willaupuis » 30/06/07, 21:09

ええと、私はおそらく愚かなことを言うつもりですが、記事を「再」読んでいるとき、ちょっと私の心をかき乱します。 私のクレイジーなアイデア:

同様の効果を得るために垂直トンネルを掘ることによって同じ効果を生み出すために山を利用することができます :?
0 x
誰もが同意すれば、人々が思っていることです
アバタードゥutilisateur
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 6646
碑文: 28/07/06, 21:25
場所: シャルルロワ、世界の中心....
X 6




パー » 30/06/07, 22:54

どうしてですか? しかし、それは難しいだろうと思います。 ハードでハードなキャリアの中で :D

(それに加えて、あなたは彼らの美しい山を台無しにするでしょうそしてあなたはうめき声をあげる地域のすべての生態学者を持つでしょう。 :Mrgreen: )
0 x
象最高名誉éconologuePCQ .....私はあまりにも慎重だけど、十分な金持ちではないし、本当にCO2を保存するのが面倒! http://www.caroloo.be
アバタードゥutilisateur
クリストフ
Modérateur
Modérateur
投稿: 60619
碑文: 10/02/03, 14:06
場所: 惑星セレ
X 2710




パー クリストフ » 01/07/07, 12:37

DernièreEditionのパー クリストフ 19 / 05 / 08、09:43、4は一度編集しました。
0 x

アバタードゥutilisateur
クリストフ
Modérateur
Modérateur
投稿: 60619
碑文: 10/02/03, 14:06
場所: 惑星セレ
X 2710




パー クリストフ » 01/07/07, 12:40

私はこの機会を利用して、特に太陽の塔についてのもう一つの文書(アイデアはまったく新しいものではありません)を共有します。 エドガーナザール 60で80に

https://www.econologie.com/tour-solaire- ... -3493.html

私は引用します:

今日我々が呼んでいるものは、その原理が上昇する渦やミニサイクロンの家畜化に基づいている、空気熱植物または渦タワー(大気渦エンジン)です。 単純な単流式ソーラーシステム(特にオーストラリアの1000 mタワープロジェクト)とは区別されるべきですが、効率がはるかに低く、収益性に疑問があります。


セントラル 実験用ベンチュリ型 Nazareは、300 mの高さとベース直径、30 mのベンチュリネックでの直径、および大気の上層と下層の間の30°Cの温度差(delta t)を構築することを望んでいました。 、の電力 200 MW(メガワット)約.


今日までに、の唯一の既知の成果 ソーラーチムニー スペインのマンサナレスのものです。 この実験タワーは、ドイツの設計事務所Schlaich Bergermann&Partnersによって1982年に建設され、直径200 mの円形ソーラーコレクターの中心にある高さ10 m、直径250mの円筒形の煙突で構成されています(地上6000mの2m2のグレージング)と空気を加熱することができます。
その力は50 KWです。


しかし、現在開発中のソリューションは何ですか? 最も安っぽい... :悪の: :悪の: :悪の:
DernièreEditionのパー クリストフ 05 / 10 / 07、12:50、1は一度編集しました。
0 x
アラン・クストゥ
私はeconologic学びます
私はeconologic学びます
投稿: 15
碑文: 29/01/05, 16:55
X 1




パー アラン・クストゥ » 06/07/07, 01:40

象は書きました:この素晴らしい記事をありがとうございました。
あなたはオーストラリア人の1タワープロジェクトがどこにあるか知っていますか? 建築許可は2006で発行されたと思いますか?


褒めいただきありがとうございます。
ドイツ - オーストラリア環境プロジェクトは下方修正され、500 mコンクリートタワーの計画はやり直されています。元のプロジェクトと比較して80%の生産能力が減少しています。達成不可能。 私の情報によると、建設は2010にプッシュバックされ、タワーは40 000 Mw(200 mのソーラータワーの000 1000に対して)のみを生成します。

エンジニアEdgard Henri Nazareのプロジェクトは、実際には渦塔のすべてのプロジェクトの先祖です。
しかし、Coustou-Alaryの渦塔と比較すると、多くの欠点がありました。 現在、Nazareの計画を継承した会社(Sumatel)は、西インド諸島のBouillanteの地熱サイトで60 mのモデルを実験しています。 目的は300 mの塔を建設することです(ほとんどすべての渦塔のプロジェクトは最適と考えられるこの高さに向かって収束しているようです)、その上半分はラバルノズル(ロケットノズル)の形になります。高さが10から20 Kmの恒久的な竜巻。その目的はタワーから空気を吸い込むことで、その基部の周囲に配置されたタービンを回転させることです。 したがって、Nazare-Sumatelタワーの構造はCoustou-Alaryタワーの構造とは非常に異なり、その安全性ははるかに問題となります。 Sumatelの創設者の注意を引くことによって、竜巻がコントロールからの脱出に巻き込まれるのを見ることのリスクに注意を向けようとした(私だけではない)が、彼は彼の考えに熱心である。
しかし、このリスクは、私がAlaryと小さなエンジニアチームで開発したもののようなタワーにはまったく存在しません。 竜巻のエネルギーは、上部に配置されたタービンによって大部分吸収され(エアコラムの減速は上部フェアリングのフレアリングによって補われます)、さらに、シャッターのダブルクラウンが制御します。塔の根元と温室の周辺への空気の流入。

Willaupuis(山か山腹に掘られた装置)の提案に答えるために、彼は自分自身を安心させます、彼女はまったく愚かではありません! このタイプのプロジェクトがありました、しかしそれは最適な幾何学を得るために大きな問題を引き起こすでしょう。

アラン・クストゥ
0 x
アバタードゥutilisateur
クリストフ
Modérateur
Modérateur
投稿: 60619
碑文: 10/02/03, 14:06
場所: 惑星セレ
X 2710




パー クリストフ » 06/07/07, 10:52

Alain Coustouは書きました:タワーは40 000 Mwのみを生産します(200 mのソーラータワーの000 1000に対して)。


40 Mwじゃない? 40 Gwは私にはたくさんあるようです...

Alain Coustouは書きました:そしてそこから10の高さの20 Kmに永久的な竜巻を残すでしょう、その目的はタワーから空気を吸い込みそしてそれ故にその基部の周囲に置かれたタービンを回すことであろう。


うわー...高さ10〜20kmのトルネードフェは300mの「小さな」塔ではありません! :ショック:

どのくらいのエネルギーを生成することが可能ですか? 増幅の現象はありますか?
0 x
アラン・クストゥ
私はeconologic学びます
私はeconologic学びます
投稿: 15
碑文: 29/01/05, 16:55
X 1




パー アラン・クストゥ » 06/07/07, 16:46

クリストフは書きました:
Alain Coustouは書きました:タワーは40 000 Mwのみを生産します(200 mのソーラータワーの000 1000に対して)。

40 Mwじゃない? 40 Gwは私にはたくさんあるようです...
Alain Coustouは書きました:そしてそこから10の高さの20 Kmに永久的な竜巻を残すでしょう、その目的はタワーから空気を吸い込みそしてそれ故にその基部の周囲に置かれたタービンを回すことであろう。

うわー...高さ10〜20kmのトルネードフェは300mの「小さな」塔ではありません! :ショック:
どのくらいのエネルギーを生成することが可能ですか? 増幅の現象はありますか?


おっと...もちろん、それはスリップでした。 これは明らかに40 Mwです。
Nazare-Sumatelタワーの場合、Sumatelのエンジニアは、上半分からLavalノズルの形で出てくる回転する空気によるトルネード開始効果を期待しています。 彼らにとっては、塔の「仮想」拡張と、自然が増幅して永続化するためにそれ自体を処理する、実際の巨大な竜巻の外観があります。
言うまでもなく、私は非常に疑わしいままで、そのようなことが起こったとしても、私は危険なしにそれを信じていません。 竜巻は塔から離れて窒息する前に周辺地域を破壊する可能性があります。 さらに悪いことに、それはタワー自体を膨張させそして包囲する可能性がある。
このようにして発生した竜巻の吸引効果に頼っているのはスマテルだけではないということは、まったく同じことです。 カナダのミショーは、6年前にさらに「クレイジー」なプロジェクトを開発しました。空気はさらに大きな構造で回転し、空に向かってはるかに開いていますが、ベンチュリ効果はありません。 しかし、彼のプロジェクトは、ナザレの塔とは異なり、実験を引き起こしませんでした(3メートルスケールのモデルはスマテルによってフランスでテストされましたが、もちろん外部の竜巻の出現はなく、その可能性はまだ証明されていません。 )と、私と一緒に働くXNUMX人のエンジニアがガストレインによってベースで加熱されたXNUMXメートルの実験モデルをテストした風力タービンタワー。
いずれにせよ、コリオリ効果によって伝達される追加の「垂直」エネルギーが無視できるものであったとしても、それはその回転部品では同じではなく、風力タービンタワーのタービンの効率を大幅に改善します。 そしてそのために、構造の「トルネード」を逃がす必要はありません...

アライン
0 x
アバタードゥutilisateur
Econologue専門家
Econologue専門家
投稿: 6646
碑文: 28/07/06, 21:25
場所: シャルルロワ、世界の中心....
X 6




パー » 06/07/07, 18:55

飛行機が衝突する危険性(大きな建物はそうではありません)以外に、航空ナビゲーションの危険性は何ですか? 私たちは微気候が現れるのを見る危険を冒しませんか? それとも中高度での擾乱?
0 x
象最高名誉éconologuePCQ .....私はあまりにも慎重だけど、十分な金持ちではないし、本当にCO2を保存するのが面倒! http://www.caroloo.be


戻る「再生可能エネルギー:太陽光発電」へ

オンラインは誰ですか?

これを閲覧しているユーザー forum :登録ユーザーおよび10ゲストはいません