エンジンの水噴射:モンタージュと実験全負荷時の原子炉のビューポート

編集やエンジン、経験、知見やアイデアへの変更。
アバタードゥutilisateur
Flytox
Modérateur
Modérateur
投稿: 13833
碑文: 13/02/07, 22:38
場所: バイヨンヌ
X 544

メッセージ以外のluパー Flytox » 10/11/07, 20:20

こんにちはクリスパス
クリスプスは書きました:サーモスタットが開いてLDRがラジエーターに行くとき、エンジンが「ホット」であるとしか考えられないようです。


私の車では15 Km後にサーモスタットがすでに開いており、ラジエーターに向かうホースに手を放すにはほど遠い。 (サーモスタットの下流)。 それでも、インテークマニホールドを含むどこでもまだ暑いわけではありません。

それは少し正常です、それはそれが冷却し、大きな交換面を持っている多くの新鮮な空気を吸います。 一方、シリンダーヘッドへの固定時に主に加熱されるか、表面が高温(95°?)ですが、接触が弱い表面です。
ボンネットの下の周囲の空気は、運転中(50°?)を超えません(20°屋外温度の場合)。
A+
0 x
その理由は、最強の狂気です。 その理由は、あまり強くないことが狂気です。
【ウジェーヌ・イヨネスコ]
http://www.editions-harmattan.fr/index. ... te&no=4132


戻る「エンジンの水噴射:アセンブリと実験」へ

オンラインは誰ですか?

これを閲覧しているユーザー forum :登録ユーザーおよび5ゲストはいません