ノルウェーの原子炉緊急停止

石油、ガス、石炭、原子力(PWR、EPR、ホットフュージョン、ITER)、ガスおよび石炭火力発電所、コージェネレーション、トライジェネレーション。 ピークオイル、枯渇、経済学、技術および地政学的戦略。 価格、汚染、経済的および社会的コスト..。
アバタードゥutilisateur
クリストフ
Modérateur
Modérateur
投稿: 60619
碑文: 10/02/03, 14:06
場所: 惑星セレ
X 2710

ノルウェーの原子炉緊急停止




パー クリストフ » 09/09/06, 14:39

研究目的で使用され、オスロから25 kmに位置する原子炉は、8月9日金曜日からXNUMX月XNUMX日土曜日の夜に直ちに停止され、そこで高レベルの放射能が検出されました。 これらの異常なレベルの放射能は原子炉の内部で見つかりましたが、それを収容している建物の外部では見つかりませんでした。

「その夜の午前3時頃、ケラーにあるエネルギー技術研究所の原子炉の警報が鳴りました。原子炉はすぐにオフになりました。正常値を超える放射能は測定されませんでした。建物の外で、ノルウェー放射線防護庁は声明の中で述べた。

「状況は制御されており、原子炉は停止され、すべての緊急措置が講じられています。私たちが今していることは、(...)周りの他の措置を実行しようとすることです。漏れは発生していないと彼女は言い、「これまでのところ、格納容器の外側への漏れは検出されていません」と付け加えました。

エージェンシーの関係者であるインガー・アムンドセン氏は、「事件の原因を特定するのは時期尚早であり、「核燃料」。 「」

原子炉内の水のサンプルが分析され、結果は日中に​​知ることができます。 警報が発せられたとき、原子炉の近くでの住民の避難は行われず、建物の中に誰もいなかった。

ソース: http://www.lemonde.fr/web/article/0,1-0 ... 354,0.html
0 x

「化石エネルギー:石油、ガス、石炭、核電力(核分裂と核融合)」に戻る

オンラインは誰ですか?

これを閲覧しているユーザー forum :登録ユーザーおよび10ゲストはいません