変身前の木造ソーラーハウスの写真

ロレーヌの木造ソーラーハウスの写真と歴史 ジャン・ジロードット。

このページには、レコードの一部であります ソーラーエネルギー、ソーラーハウスの改修.

2004年に家を購入…すべて電気!

この家は3月の2004に購入しました。
ロレーヌのバッセ・レントゲンにある100平方メートルの住居です。 それは2年にさかのぼります、壁は1982cmのポリスチレン(それほど悪くはありません)で断熱されていますが、屋根裏部屋には断熱材としてあまり残っていませんでした...

ソーラーハウスロレーヌ

残念ながらフランスには多すぎるので、オールエレクトリックハウスです。

193時間のメーターで月額2300ユーロ、つまり年間XNUMXユーロ以上の暖房予算…原子力発電。

ですから、予算は多額ですが、私たちから数キロ離れたCattenom原子力発電所の眺めを考えると、何よりも私の好みにはまったくグリーンではありません...

最初のエネルギー最適化:薪ストーブの設置

また読みます:  改修のための援助からどのように利益を得るか?

請求書を下げるための最初の購入EdF:良質のwoodストーブは、9月に1500で2004を支払いました。

ソーラーハウスwoodストーブ

2004年から2005年の冬の間、私たちは10立方メートル、つまり当時約400ユーロを消費しました(それ以来、木こりが石油エミールと間違えられたかのように価格が急騰しました…とにかく…)。

請求書への最初の影響:1月の月額請求書Edfの減少2005、2時間で140€に減少。

wood暖房の年間利益:約300ユーロ。

太陽回路に関する最初の考え

これが私が開発した最初のウッドソーラープランです。

また読みます:  Sunmachineにより木質ペレットへのコージェネレーションスターリング

ソーラー設置計画

後でページを表示するように変更されます。 ソーラーハウスプラン.

続きを読む:最初の作品と 床暖房 またはジャンとチャットする forums 件名に 熱緩衝自家製のロレーヌでの太陽のインストール

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *