ピークオイル

「ピークオイル」、20世紀の時限爆弾

それで、ピークオイルはいつですか? 埋蔵量不足のために世界の石油生産が減少するこの瞬間が到来しますが、まだ未知の速度で:「正確に答えることは不可能です」と、Aspo協会のメンバーのXNUMX人であるJeanLaherrère(記事)、政府および大規模な石油グループの過大評価を非難します。

「ピークオイルはすでに進行中かもしれません。 Aspo内で、私たちは皆、このXNUMX年間のある時点で介入する可能性があると考えています、と以前からTotalグループの探査技術のディレクターを務めていたLaherrèreは言います。引退。 埋蔵量の周りの巧妙に維持された曖昧さを考えると、石油価格が体系的な方法で上昇し始めるまで、それが起こらなかったということを本当に確信することはありません(…)石油生産の曲線が回復不能に低下し始める前に、でこぼこの台地に似ているXNUMX年。 "

より良い秋に戻る
石油産業では、ピークオイルに関する唯一のコンセンサスは、すでにそれを超えた生産地域、つまり米国(XNUMX年代以降)、カナダ、ベネズエラ、北海に関するものです。

また読みます: 経済学の概要は?

問題は、公式シナリオのいずれも明示的にピークオイルを示さないことです。 中東の主要生産国(サウジアラビア、イラク、アラブ首長国連邦など)は、約XNUMX年間、独自のピークに達するとは予想されていません。 したがって、他の石油地域の減少を補うためにより多く生産すれば十分です。

「ホワイトハウスは2つ以上の点でリスクが高いため、主要な石油グループのCEOも同様にこの推論を行っています」と、JeanLaherrèreは強調しています。 米国エネルギー省は最近、今後数十年間の年間2037%の世界的な石油生産の伸びを示すグラフを発表しました。 この仮説では、ピークオイルは10年以前に現れません。しかし、その後、年間-XNUMX%の割合で突然生産が崩壊します。

「この未来の見方は、未来の世代に対する犯罪です」とラヘレールは言いました。 フランスの地質学者は次のように続けています。「確かに、世界の生産量を年間1〜2%増やすことで、短期的にはさらに長く推論を続けることができます。 しかし、期限を延長するために抽出率を増やすほど、ピーク後のオイルショックはより破壊的なものになります。 "

また読みます: イースター島、その資源の枯渇によって自己破壊された人々

「究極の」埋蔵量
Aspoは、石油産業によって開発された議論に異議を唱えています。この技術によれば、これまでに放置されていた石油埋蔵量(ポーランドと海底)にすぐに頼ることが可能になります。 Aspoの創設者であるコリンキャンベル博士は次のように説明しています。「バレルの価格を大幅に引き上げない限り、これらのいわゆる「究極の」埋蔵量を使用することはできません。 ピークオイルはオイルの終わりではありません。 これが安価な従来のオイルの終わりです。 しかし、ニュアンスはあまり変わりません。経済的な結果は、恐ろしいほど劣りません。 "

輸送に関しては、現在の状況はかなり微妙です。 OECDによると、世界の自動車交通量の96%以上が依然として炭化水素で流れています。

この脅威は、集約的な農業にとってさらに深刻になる可能性があります。 Aspoのテキストでは、世界人口の爆発と合成炭化水素ベースの肥料の使用の拡大との間のリンクへの参照が定期的に参照されています。 「農業は石油を食料に変える分野になりました」とラヘレールは言います。 ピークの石油の後、石油価格は容赦なく上昇するように設定されています。

また読みます: 石油戦争

化学肥料の「グリーン革命」は、XNUMX世紀に世界の人口をXNUMX倍にした要因のXNUMXつです。 人口統計が集約的農業に基づいているすべての国(先進国と多数の発展途上国)は、石油価格の長期的かつ不可逆的な上昇を心配する何かを持っています。

主要な地政学的バランスは、エネルギーと経済の危機によっても混乱する可能性があります。これは、アスポによれば、ピーク石油を成功させるはずです。 2003年にBPが公表した数値によると、中東の国々は世界の「実証済み」石油埋蔵量の65,4%を保有しています(25%がサウジアラビアだけに行きます)。 世界市場での彼らのシェアはすでに28%です。 Aspoによると、40年以内にXNUMX%を超える可能性があります。 第二次湾岸戦争は、いつか「第二」だけになることがあります。

マシュー・オーザンヌ

ASPO Webサイト:
HTTP://www.peakoil.net

エネルギーの行き詰まり、ファイル(Transfert.net):
HTTP://www.transfert.net/d51

OilCrisis.com:
HTTP://www.oilcrisis.com/

フランス石油協会:
http://www.ifpenergiesnouvelles.fr/

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *