水素ノートPCバッテリー

Millennium Cell(ニュージャージー)は、最新のプロトタイプラップトップ水素バッテリーを開発者に提示しました Forum サンフランシスコのIntelから。 このシステムは、同社の特許取得済みのハイドロジェンオンデマンドテクノロジーとPEM(プロトン交換膜)燃料セルを組み合わせたものです。 溶液中のホウ水素化ナトリウム(NaBH4)は、小さなタンクに保管され、水と触媒の存在下で水素とホウ酸ナトリウム(NaBO2)を生成します。 次に、この水素は燃料セルに送られ、そこで酸素と反応して電気を生成します。 現在外部にあるバッテリーのバッテリー寿命はXNUMX時間ですが(現在のデバイスの場合はXNUMX〜XNUMX時間)、MillenniumCellはXNUMX時間の目標を設定しています。
ダウ・チミカルとのコラボレーション契約に署名したばかりの同社は、開発段階にあり、少なくとも2年間は商用バージョンを所有していません。 彼女は以前の開発を放棄していた
乗用車用の水素電池。 他の多くの企業が、東芝やNECなどのさまざまな携帯機器の燃料電池プロジェクトに取り組んでおり、コンピューターの分野でも、携帯電話の分野でもNTTが取り組んでいることに注意してください。 SJMN 02 / 03 / 05

また読みます:  米国で十分に活用されていない水力発電

(水素:ラップトップの次の燃料)
ソース

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *