ルノーの燃料電池


この記事を友達とシェア:

昨年6月に16から13でリヨンで開催された水素エネルギーに関する16e世界会議の機会に、ルノーは燃料電池に関する研究の進捗状況を発表しました。 提示された要素は、自動車に適用される水素に対するルノーのアプローチ、すなわち改質器を備えた燃料電池車を示しています。 後者は、液体燃料を「改質油」、つまり水素が非常に豊富なガスに変えるもので、ガソリンやディーゼルやエタノールと同様に機能します。

改質装置は、車両に搭載された水素を直接生成することを可能にし、高圧下での貯蔵の問題を排除します。 2002以来、日産との提携の一環としてルノーが取り組んできたこのソリューションと、Nuvera Fuel Cellsとのパートナーシップにより、水素流通ネットワークのセットアップの遅れを克服することも可能になりました。 CO2排出の問題を直接解決しようとしていない場合、これは現実的な選択です。


ソース

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *