三重県のバッテリーテストPEMFC

三重県(西日本)では、PEMFCバッテリーの実証試験が次々に開始されます。

コスモ石油は、東芝の燃料電池発電システムと共同で、LPGを水素の供給源として使用する700W PEMFCバッテリーをレクリエーションエリアに設置しました。
四日市市。 出光興産と石川島播磨重工業は、消防署にプロパンを使用した5kWシステムを設置しました。

また、同じ県で、シャープは高校で10 kWの電力を使用する混合PEMFC /ソーラーパネルシステムを設置しました。

これらの3つのパイルはコジェネレーションであり、熱は
お湯を生成します。

出典:日本の最新の燃料電池ニュース、04 / 2005、
http://www.fcdic.com/eng/news.html
編集者:Olivier Georgel、olivier.georgel @ diplomatie.gouv.fr
参照:361 / ENV / 1448

また読みます: 油圧トランスミッションとディーゼルエンジン

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *