戻るコペンハーゲン会議に

戻るコペンハーゲンへ R.Guilletによって

レミGuillet ECNエンジニア(元ENSM)であり、1966年に卒業しました。彼は大学でエネルギー力学の博士号を取得しています。 H.PoincaréNancy1(2002)およびDEA Economics Paris 13(2001)

ディベートとanalyes: コペンハーゲンの非首脳会談

Fire 2009、および2010は、「ソーラー」サイクルを開始します。

これが私たちの惑星がその「ピボット」を中心に進化する方法です。太陽は地球上の生命に不可欠な星ですが、不安定で壊れやすいかもしれません。 しかし、ページをめくる前に、完成した年の残りは何でしょうか? 間違いなく「コペンハーゲンサミット」ではありません。ただし、会議に参加できなかったアンソロジーに興味がない限り、再び大騒ぎになります。

世界にとって、デンマークの首都の灯籠は、一般市民からのブーイングを聞くためにほとんどパニックになりましたが、議論されている問題の重要性を確信していました。

このサミット後の失望は、環境問題に最も熱心で気づいていることは言うまでもなく、屋内外の参加者の大多数ではないにしても、すべてのランクのオブザーバーのすべての希望に満ちていることに等しいと言えます。 、「KOスタンディング」(Cambysesの軍隊(1)のように)。

そして、新しい気候とエネルギーの状況に直面するために、世界レベルで合意された「一緒に暮らす」という見通しは、再びユートピアのユートピアになりました。

このように、この会議から戻ってきた世界の責任者と彼らのシェルパのコホートは、私たちの生存にとって決定的な、見逃せないターニングポイントとして発表されました...慎重に戻って、最初は防御の使命から離れなかったことに満足しました。彼らが民主的に義務付けられている「彼らの国内利益」…彼らの帰還のために大気中に放出することを免れることができずに帰還した、空気による彼らの「輸送」に必要な数十万トンの温室ガスの第二のトランシェ…

ここで炭素税に戻りたくはありませんが、航空機燃料(ケロセン)は、燃料や他の「陸生」化石燃料とは異なり、まだ課税されていないことを思い出してください。 これは、第二次世界大戦後のシカゴ大会以来...その後、このタイプの輸送を「開始」するための取り決めが取られました。このタイプの輸送は、上層大気に壊滅的な影響を与える燃料消費の点で今日でも特に好調です。 それどころか、フランスの成長の自由化のための有名で最近の委員会からの勧告に従って、今日開発されているのは低コストの航空旅行であることにさえ注意します(2)。 何を瞑想するか!

同様に、生態学的ディアスポラは、成長やその他の開発という公式の課題に反対して、(拡散した)世界的な運動としての地位を回復することができました。 おそらく「政治家」が一歩前進できないことによって弱体化した動き、「科学者」の大学からの反響によって弱体化した、または「信仰なし」でさえ、惑星の温暖化に関する人間の活動は、まだ非常に仮説的なものもあります…そして、「コペンハーゲン」の機会をとらえて疑問を投げかける方法を知っていた人もいます。 これらについては、「わからないとき」の予防原則を尊重することのメリットや、すべてを意識しているときに特に石油資源を節約することの重要性について、改めて考えたいと思います。何 過去50年間の西部成長 私たちが今見ることができる「バレルには底がある」と聞いたとき、彼に借りがあります!

また読みます:  二畳紀の絶滅

したがって、コペンハーゲンの失敗は手ごわい可能性があります...

対照的に、この国連会議の最も関連性の高い結果の中で、「グローバルガバナンス」にどれだけ適切な意思決定ルールが必要であるかがもう少しわかります(3)。 確かに、実際にはコンセンサスが意思決定のルールになり得ない民主主義国家のレベルのように、各国が発言権を持っており、国連の決定もルールに従って行われるとしたら、公平ではありません。多数決?

しかし、このサミットで根底にある経済的利害関係に戻りましょう...

私たちは、睡眠不足、中断のない仕事、熱い報告の間に行われたエコロジーエネルギー大臣の言葉を伝え、根底にある経済的利害関係をひどく認識したことを認めます。このサミットで!!!

私たちが知っているとき-それを繰り返しましょう-何 経済発展とその他の成長は化石燃料による (4)st然としたままです!

したがって、新しいモデルの出現の必要性は、もちろん、最初は生態学的な理由から、次に化石エネルギー遺産の不足のために、実際の変化の前提条件です。

その間、現在の開発モデルは、新興国や志望者の「ラークへの鏡」のまま​​です。 実際、環境問題と気候変動がますます悲惨な結果をもたらした後(ますます高い社会的コスト(5))、世界の人口は指数関数的に人口増加するチャンスがないことを私たちは知っています。この希少性の文脈で彼の「西洋の夢」を実現するために...そして「簡単な」(化石)エネルギーのマナのほぼ消滅。

また読みます:  京都議定書:プレスレビュー

したがって、グローバルプロジェクトは、すべての国に公正な未来を提供するよう努める必要があります。つまり、新興国に新しい状況に適応した技術を開発する機会を与え、貧しい国にこの道をたどる機会を与える必要があります。もちろん、本質的な変化を開始するのは、いわゆる先進国次第です…より質的で、量的でなく、柔らかく、難しくない新しい課題に向けて(6)。

知恵が染み込んだ中道

彼らの心の中で、大多数の政治家、そして最も偉大な政治家は、コペンハーゲンに、それ以上関与しなければならなかったが、それ以上関与することができなかったという考えをそのまま残した可能性があります。問題はその使命を超えていた。

しかし、すでに書いたように、州は必然的に同意することになりますが、最小限の規定(5)に基づいて、すべての人が適用する必要があります(それ自体が本当の課題です!)。

したがって、このテキストは、当然のことながら、最も多くの市民によって望まれ、支持されている変化の戦略に従って、各国は、税金の払い戻しやその他の税額控除を通じて、奨励することによって存在する可能性のある処方を超えることができることをもう一度強調したいと思います。税金、そのすべての国民、市民または法律家、公的および私的は可能な限り善良であるために:避けられない未来への早期の準備はすべての人にとって非常に迅速に勝利する戦略です!

そして、今日非常に人気のある概念である企業の社会的責任(CSR)の後、私たちは国の社会的責任(RSP)のそれを強調しなければなりません!

教育への期待

現在の成人人口は、外観、素材、「これまで以上の」テクノロジーの必要性、4×4などを選択する準備ができている旅行を通じて、その「成功の規範」を取り除くことは非常に難しいと感じるでしょう。楽しみのための大きなセダン、おそらく健康上の問題が先行することで、発表された石油の不足が長い間延期された場合、ガスマスクの着用を受け入れる準備ができています!

ですから、代わりに次の世代、現在はティーンエイジャーに賭けて、「小さなものは美しい」よりも内面的で親密な、地球が家の近くで美しいという他の形の「富」(7)を教える必要があります。それ自体、この近接性の実践が千の方法で衰退したことは、生態学的な美徳に満ちており、したがって、個人および集団の成功の他の課題の確立のために、開発の別のモデルを構築するための本質的な基盤を準備します...全体的な利益、公平性、長期的な関心...

また読みます:  気候:人間が地球温暖化を制限しようとするときのジオエンジニアリング

したがって、CSR(企業の社会的責任)とCSR(国の社会的責任)により、市民社会的責任(CSR)の概念も促進されます!

このテキストは、コペンハーゲンサミットが終了した翌日に書きました。 技術的な理由により、XNUMX月以前に放送することはできませんでした。 では、数週間後に「非イベント」に戻る際に、その用途は何でしょうか。 もちろん、読者が決めることです!

私たちに関する限り、この「コペンハーゲンへのラコニックリターン」を選択したのは、人々を夢にさせ、人々を夢にさせ、それでも人々を夢にさせる開発モデルを破ることがいかに難しいかを強調するためです(私たちは後悔して夢を見るように)過去の!)、既知の代替手段がないため、ますます強く、育まれた夢!

したがって、現在のモデルを破るには、私たちの文化(文明?)に根本的な疑問を投げかける必要があります。 別のものを発明することは多くの時間を必要としますが、まず第一に、まだそこに見えない状況を想定しています...

参考文献:

(1)この比喩は、異常な自然環境現象によるこの軍隊の失踪の原因と生態学的な戦いを推進する原因との類似性のために明らかになりました。 (Cambysesは、紀元前525年にエジプトを征服し、エジプトの宗教的過去の痕跡を破壊しようと努めたペルシャの王でした。伝説によると、彼の軍隊を構成していた50000万人の男性が、「立って」死にました。すべてが隕石の砂嵐に埋もれている...)
(2)成長解放委員会-Attali Report 2007-
(3)このサイトの記事「G8、G 13、G 20」を参照してください:JosephStigliztの見解に同意しましょう。
(4)このサイトの記事「 エネルギーと成長:簡単な要約« 
(5)Laurent Leloupの著書で、R。Guilletによる「社会的責任と企業統治」に捧げられた章と「持続可能な金融」に捧げられた章を参照してください(2010年初頭の出版)
(6)このサイトの記事「別の成長のためのアドボカシー」を参照してください
(7)このサイトで「持つことと存在することに関する小さなテキスト」または「富」のXNUMXつの側面を参照してください。

ディベートとanalyes: コペンハーゲンの非首脳会談

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *