バイオ燃料:不確実性と希望の間のセルロースエタノール

「セルロースエタノールサミット」レポート

2006年XNUMX月のブッシュ大統領による一般教書演説での言及以来、セルロース系エタノールは連邦政府、連邦議会、業界と科学界。

米国にはまだセルロース製品と有機廃棄物に基づいたバイオ燃料を生産する商業規模のバイオリファイナリーはありませんが、エネルギー省、大学、州議会による取り組みは、パイロットおよびデモ施設を作成します。 2007年385月、DoEはセルロースエタノールの6パイロットユニットの作成に対するXNUMX億XNUMX万ドルの補助金を付与しました。

セルロースエタノールセクターのすべてのプレーヤー(農民、科学者、政治指導者、産業など)は、セルロースエタノールに関するサミットのためにワシントンに集まりました。 この会議は、セクターの進捗状況と、関係するさまざまな関係者の視点を検討する機会となりました。

また読みます: 石油の価格は再び政府を心配する

このドキュメントの内容:

1.エタノールコーンは白パンを食べましたか?
1.1。 穀物エタノールの限界
-環境制限
-物質的および経済的限界
-過剰生産によって引き起こされる短期間の緊張

2.セルロースエタノール:新しいフロンティア?
2.1。 上流:物流の問題
2.2。 プロセスレベル:産業の多様性と技術的障壁
-多種多様な産業モデル
-酵素プロセスに依存する産業家
-非酵素的プロセスに依存している産業家2.2。 最前線の酵素12 2.3。 投資家レベル:慎重さ13 2.4。 市場レベルで:不信14 2.5。 連邦レベルで:可視性の欠如15
-エネルギー政策法とDoE 15の行動
-ファームビル16
-EPA 16の冷たさ

出典:ADIT-米国のフランス大使館。 レポートをダウンロードする

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *