トヨタハイラックス2L4

2,4Kmのトヨタハイラックス145500Lでの水へのドーピング。

反応器とバブラーをバッティに設置すると、オイルフィルターに手が届きます。 すべて取り外し可能です。

バブラー/反応器または反応器/ベンチュリ接続部はXNUMXcmを超えないようにする。
長さ310mmの150mmステンレス鋼コアは、集中化と溶接により所定の位置に保持されます。 環状スペースは1mm(内部18mmリアクターおよび16mmコア)
反応器とバブラーは、直接出口の排気マニホールドに並んで接触します。
運転の最初の数分は原子炉の南北方向で行われ、それが何かをもたらすことができればそれはそれをするのに何の費用もかかりません。
水の消費量:1,4l。/ 100Kmまたは2L./140kmの雨水で、このわずかに過剰な水消費量は、例えば私の車が始動時に常に「吐き出す」黒いすすの拒否を増加させる可能性があります激しく加速すると、エンジンを掃除するだけでなく、逆説的に燃費を制限する結果になります。
高いバブラーを利用して、水を吸う危険を冒さずに空気入口バルブを少し閉じます。

また読みます: France3のPantoneエンジンビデオ:トラクターの水ドーピング

私の反応器の出口管はピンクのフィルムで覆われており、これは高速(160m / s?)での高温ガス(約170/80°C)の通過を示しています

リアクターの磁気は今や重要であり、リアクターの端から70cmの位置で針の変化を感じ始めています。 ただし、この磁気は、エンジンが寒いときはそれほど重要ではありませんが、それでも効果的です。

。 コンパスでリアクターを通過すると、ニードルはリアクターの端で1半回転するまで大きく変化します。
同じ方向を維持しながら、コンパスをリアクターの左から右に歩いて楽しんでいる場合、針はプロペラのように回転します!

最初の満杯(パントン付き):タンクはほぼ上部まで満たされ、乾燥する直前にほぼ完全に空になりました。
通常の旅、通常のスピード。
8年近くの間、私は乾断層の限界まで545kmを完全に超えることはできませんでした。
最初のフルタンク(パントンがインストールされている)で660kmをカバーしました!

また読みます: TN75ターボディーゼルトラクターへの注水取り付け

*定義されたルートでの消費テスト

コースの選択は、エンジンが平坦路上で行うよりも少し良くそれ自体を表現するように強制することを望んでいます。
ガソリンスタンドを起動し、フルフラッシュします。
首の近くのブースターステーションに戻る
精密ポンプ:0,01閉じる

*パントンの前:24年11月2005日に実施されたテスト

平均 3°C、晴れ、穏やかな北風
総距離:90km800
消費量:ディーゼル6,72 L
消費パーセント:7,40 L

*インストール後

テストは2月に実行されました11 2006
同じ速度条件下で試運転
インストール前の最初のテストと同じプロトコル
出発はエンジンと熱いパントンシステムでなされました

Tは平均を°しました。 8°C、晴れ、穏やかな北風
総旅程:90KM800
消費量:ディーゼル5,75 L
消費パーセント:6,33 L
これまでに達成された経済:1,07 L / 100km(14,46%の節約)

私はこのプロトタイプでまだ900km走っていないので、結果はすでに非常に有望です。 原子炉の磁気(慣らし運転)は少しずつ行われ、kmに応じてますます増加します。 いくつかのプロトタイプは、カメラのメモリカードの消磁に成功したようです。
私の目標は、燃料を30%節約することです。
20時間の慣らし運転にはまだ到達しておらず、外気温は涼しく、エンジンのスケール除去は始まったばかりで、システムをさらに改善するためのプロジェクトがたくさんあります。
_________________
一滴の水の中の分子の数は、黒海の滴の数に等しい!

次のとおり トヨタハイラックスの水ドーピング

すべてのPantoneフィクスチャにアクセスするには、ここをクリックしてください

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *