汚染の死者

2004年、AFSSE(フランス環境健康安全保障局)は、都市の大気汚染の健康への影響の評価に関するXNUMXつのレポートを発表しました。

数字は怖いです、ここでいくつかの選択された部分があります:

 »大気汚染は、気候よりも公衆衛生にとって災害です。 「」 

「15年にフランスの259の都市部に住む590人の都市人口のうち、76人が微粒子による汚染に起因していることがわかりました。 これは、その年の同じ人口の総死亡率の2002%に相当します。 「」

「フランスだけでも、道路交通だけに起因する31人(700%)を含め、年間17人が大気汚染で死亡するでしょう。 「」

汚染と道路事故の「興味深い」比較も、この記事の著者によって行われます。

 »車、オートバイ、トラックの排気は道路事故の2,4倍の死者を出します!! 道路の実際の死亡率は、年間17 + 600 = 7242人の死者になります! 「」

また読みます:  エルフアクアゾール:水ディーゼル燃料

上の議論 forums

詳細については、以下のレポートをダウンロードしてください。
Afsse:都市大気汚染の健康への影響 1レポート
Afsse:都市大気汚染の健康への影響 2レポート
CITEPA:フランスの大気汚染物質排出量の目録-セクターシリーズと拡張分析
CITEPA:2000におけるフランスの大気汚染物質排出の部門別インベントリ

「汚染による死亡」についての2つのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *