太陽光発電のコストを下げる技術に向けて

太陽光発電エネルギーのR&D研究所であるIRDEPの枠組みの中で実施され、EDF、CNRS、およびパリ国立化学学校であるENSCPを統合するCISELプロジェクトは、ピークあたり1ユーロのコスト/パフォーマンス。

光起電市場の99%はシリコンベースのシステム(結晶またはアモルファス)で占められていますが、CISELプロジェクトは、CIS(銅、インジウム、セレン)に基づく活物質の堆積プロセスに依存しています。つまり、金属接点、モリブデン、硫化カドミウム、酸化亜鉛を結合するガラス基板上で、光を電気に直接変換する吸収体です。 実際、いわゆる「薄膜」技術は数年前から存在しており、光起電力効率の点で効率が悪くても、2〜200μmではなく100ミクロンメートルのオーダーの原材料ゲインが構成されます。利点。 しかし、それらは、共蒸発またはスパッタリングタイプのいわゆる「真空」パネル製造プロセスを利用します。これは、比較的高価であることが証明されており、細かく、スパッタリングに基づくシステムに関して経済的な中断を引き起こしません。ケイ素。

また読みます:  ビーレフェルトの研究者が水素を生産する藻類を開発


続きを読みます

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *