ダウンロード:エネルギー:フランスのエネルギー法案

2005におけるフランスのエネルギー法案 出典:エネルギー・原材料エネルギー展望局総局。 DGEMP / EO / LM

エネルギー料金は急上昇し続け(+ 34,7%から38,26 M€)、最初のオイルショックのレベルを超えます。

38,26 10億ユーロ(Md€)、フランスのエネルギー法案は急上昇し続けています:+ 2005%、すでに+ 34,7%24,1および+ 2004%5,4の後。 したがって、それは最初のオイルショックのレベル(2003ユーロ、29ユーロ)を超えずに2005(1981 Mユーロ)を超え、49,6 1997(1 Mユーロ)の3倍の重量があります。

請求書はGDPの2,26%を表し、2004(1,72%)を超えていますが、1981(5%)をはるかに下回っています。 2000から2005までの6年間の平均で、フランスのエネルギー法案の重みは1,66年と比較して0,63ポイント上の1997 GDPポイントの高レベルにあります。
エネルギー料金の増加は、フランスのFAB-FAB貿易収支の悪化(54と18,17 2004の間の-2005 Md)の半分以上(2%)に寄与しています。 エネルギー輸入は50,25 M€(33,5と比較して+ 2004%)および11,98 Md€輸出(+ 29,9%)を占めた。

また読みます: ダウンロード:Ibiolab、ヨーロッパのバイオ潤滑プログラムのプレゼンテーション

ファイルをダウンロードします(ニュースレターの購読が必要になることがあります) エネルギー:フランスのエネルギー法案

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *