ダウンロード:農薬大気汚染

2003年から2005年にかけてのノルマンディー地方の大気中の農薬 ジャン・ポール・ゴゲ

一部の数値はノルマンディー地方特有のものですが、ほとんどの情報はフランス全体に「拡張可能」です。

概要

有害と考えられる生物と戦うことを目的とした製品は、さまざまな分野で大量に使用されます。 (ガーデニング、緑地、施設の処理など)。

欧州市場は世界で2番目に大きい市場です。 フランスは、欧州連合で最大の農薬消費国であり、米国と日本に次いで世界で3番目に大きい。

長年にわたり、環境品質の監視キャンペーンにより、特定の農薬とその分解生成物が土壌や水に存在することが明らかになり、最近になって研究が行われました雨水、したがって私たちが呼吸する空気中の農薬の存在。

詳細:
- 農薬と住宅、法的真空?
- クロード・ブルギニョンによる土壌枯渇に関する会議
- お住まいの地域の空気中の農薬を監視するためのサイト

また読みます: ドキュメンタリー「地球の起源への旅」(訓練、地質学、気候、進化、絶滅...)

ファイルをダウンロードします(ニュースレターの購読が必要になることがあります) 農薬による大気汚染

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *