ダウンロード:原子力の評価:一次および最終エネルギー消費

原子力の一次および最終エネルギー消費

フランスでは、原子力が一次エネルギー消費の約40%を占めていますが、電力全体は最終エネルギー消費の23%を占めています。 この見かけ上のパラドックスの説明は、2つの方法論的要素に基づいています。

  • 定義上、二重計算を避けるために、一次エネルギー消費には、ガスや石油などの他の記録されたエネルギーの変換を通じて得られる電気は含まれません。 したがって、原子力、水力、風力、太陽光発電、地熱源からの電力のみが含まれます。 一方、最終的なエネルギー消費では、従来の熱起源の電力を含むすべての消費電力が考慮されます。
  • 国際的に統一された慣例により、電気MWhからPETへの切り替えに使用される係数は、生産または消費されるかどうかに応じて、電力生産チェーンと考慮されるkWhの性質の2つの要素によって異なります。

さまざまな概念と定義の共存は、それらのさまざまな用途によって正当化されます。 したがって、異なる定義または等価係数に基づいて実行できる計算の結果は、すぐには比較できません。

また読みます: Pongamia pinnata、インドのエネルギー作物

詳細: 原子力の比較評価

ファイルをダウンロードします(ニュースレターの購読が必要になることがあります) 原子力電力収支:一次および最終エネルギー消費

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *