再生セルロースで分離:材料

失われた屋根裏部屋を絶縁するためのバルクセルロース詰め物設備のプレゼンテーション

詳細をご覧になり、アドバイスや発言をしてください。 セルロースを自分で敷く forums

このインストールの予備的な考察(材料の選択、サイジング、コスト)を読んでください: 絶縁体を選択するには:セルロース綿の選択?

少し注意してください:何が​​孤立していますか?

この設置は、44m²の失われた屋根スペースの断熱に関係し、それぞれ42m²の緩いセルロース詰め物が26cmの厚さで、2m²の麻パネルが20cmの厚さです。

資料の受け取り

a)セルロース

セルロース詰め物は、約370Lの「取り付け済み」に対応するバッグに圧縮されて配送されます。つまり、セルロースが凝集している場合です。 つまり、大まかに言えば、3m1を作るのに必要なバッグは3つ未満です。

私たちの42m²の場合、必要な断熱材の量、つまり30バッグは、約2 m2の3つのパレットを保持しますが、これにより、最終的にはほぼ11m3になります。

また読みます:  温水コイル付きWoodストーブ

セルロース絶縁

セルロースは「Thermofloc」(無料のパブ)のブランドで、オーストリアで作られています。 明らかに、私はもっと現地生産を好んだでしょうが、オーストリアはまだバルクセルロースの製造においてヨーロッパの独占権を持っているようです...

b)麻ウールパネル

ヘンプウールパネルは、3m²に相当する2,07個で「現状のまま」配送されます。

私たちのニーズには3パックで十分です。 厚さが20cmに制限されているのが残念ですが仕方がありませんでした。 価格もかなり高いです:35€/m²(税込み)(配達されません)。

麻ウール断熱

麻パネル


また読みます:  薪ストーブの種類

ブランドはSteicoです-製品リファレンス:Canaflex。 (無料のパブビス)

Steicoは、ヨーロッパにいくつかの工場を持つドイツのブランドです。ポーランドのCzarnkówとCzarna Woda、フランスのCasteljalouxです。 Canaflexがどこで作られているのか、ヘンプがどこで栽培されているのか、正確にはわかりません。 しかし、1つ確かなことは、最終製品がヨーロッパで作られていることです。

詳細: Steicoの商業目論見書をダウンロードする.

続きを読みます: 緩い断熱材を設置するために屋根裏部屋を準備する.

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *