洋上風力エネルギーの生態学的影響に関するセミナー

オフショア風力エネルギーの使用と地域および連邦省庁、所管官庁、および研究機関からの45人の専門家を集めるテーマの会議が14年2005月XNUMX日にルーネブルク大学で開催されました(ニーダーザクセン州)。

風力発電所は、実際には排他的経済水域(EEZ)、すなわち北海と12海里の外側のバルト海沿岸に建設する必要があります。 そのため、連邦環境省(BMU)の要請により、研究チームは、リューネブルク大学のSchomerus氏、ハンブルクのOecos Umweltplannung事務所のMr. Runge氏、およびBio Consult Schleswig Holstein社のNehls氏は、「EEZでの洋上風力エネルギーの使用の生態学的影響の戦略的レビューと予測」というタイトルの研究プロジェクトについて語っています。

リューネブルクで開催されたセミナーは、最初の結果を専門の聴衆に提示する機会でした。 EEZの空間計画に関する聴聞会がハンブルクで間もなく開始されるため、このテーマは多くの注目を集めました。 政府の目標によると、洋上風力エネルギーは2025年までにドイツのエネルギー需要の15%をカバーするはずです。 これは、合計25.000メガワット、つまり北海に設置する必要がある5.000風力タービンを表します。

また読みます: 風力タービンと地域の気候への影響

ハンブルクの連邦水路および海事航海局(BSH-Bundesamt fur Hydrographie und Seeschifffahrt)の代表者は、特に研究結果に関心がありました。

最初はあらゆる種類の法的問題に取り組みましたが、たとえば鳥やネズミイルカの通過に対する風力タービンの影響など、非常に実用的な問題にも取り組みました。 環境への影響は必ずしもマイナスではありません。たとえば、風力発電所での産業漁業はもはや不可能であり、したがって魚のための効果的な自然保護区を作成します。

取り上げられた中心テーマのXNUMXつは、さまざまな影響の合計から生じる累積効果の問題です。 この評価は国家レベルに制限することはできません。北海およびバルト海の他の州と協力して実施する必要があります。 さまざまな参加者は、公式の手順に加えて、特に累積効果の分野での研究を強化する必要があることに同意した。 風力エネルギーの使用はまだ初期段階です。

また読みます: 明けましておめでとうございますEconological 2014

コンタクト:
-ヘニング・ズールスドルフ-リューネブルク大学-tel:+49 4131 78 1007、ファックス
:+49 4131 78 1097-メール:zuehlsdorff@uni-lueneburg.de
出典:Depeche idw、リューネブルク大学からのプレスリリース
編集者:ニコラスCondette、nicolas.condette@diplomatie.gouv.fr

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *