石油なしのスウェーデン?

スウェーデンは、再生可能エネルギー源に焦点を合わせて、燃料としての石油を完全に段階的に廃止する世界で最初の国になりたいと考えています。

「私たちの石油への依存は2020年までに終わると予想されています」と持続可能な開発大臣のモナ・サーリンは言いました。 スウェーデンを無油国家にするプロジェクトは、産業家、学者、農民、自動車メーカー、政府関係者などのコンソーシアムによって主導されています。 彼らは数ヶ月以内にスウェーデン議会に報告するでしょう。

スウェーデン議会は、化石燃料を再生可能な形態のエネルギーに置き換える計画は、環境的および経済的理由から不可欠であると述べました。 「私たちの国を化石燃料から解放することは、1996年以来XNUMX倍になっている石油価格の変動の影響を減らすことから始めて、私たちに多大な利益をもたらすでしょう」とサーリンは言いました。

大臣は、スウェーデンが以下の措置を講じることを示した。石油以外の燃料への転換に対する減税。 再生可能エネルギーの使用の増加。 再生可能燃料を支持する追加措置の導入。 「再生可能な社会」の発展を目的とした投資の増加。 地区暖房(一般的に地熱またはバイオマス)への継続的な投資。


続きを読みます

また読みます:  「Sortir dunucléaire」ネットワークのスポークスマンのDSTによる予備審査

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *