Sylvain David:2050年までにどのようなエネルギー源ですか?

世界のエネルギー生産は、毎年10億トンの石油換算(つま先)に達します。 それは主に石油、ガス、石炭によって、地球のレベルで非常に不平等な方法で提供されています。 豊かな国が浪費する場合、多くの発展途上で人口の多い国は、今後数十年で消費を大幅に増やすという正当な傾向があります。 エネルギーシナリオでは、50年までに世界のエネルギー生産が300〜2050%増加すると予測されています。化石燃料に基づく現在のモデルでは、このような増加を達成できないことはすでに明らかです。 、その埋蔵量は限られており、その使用は大規模な気候変動の原因となるCO2の大量排出につながります。

新しいエネルギー源の開発は、需要を制御するために私たちがどんな努力をしても、今日不可欠です。 これらの代替ソースはよく知られており、比較的よく定量化されています。 原子力発電は、大規模に容易に利用できる唯一の供給源であるように思われますが、資本の大幅な動員と国民の受け入れが必要です。 太陽エネルギーは重要な源ですが、その実装は非常に高価で複雑なままです。 ただし、電力網が不足している地域ではすでに競争力があります。 風力エネルギーは限られた供給源であり、おそらく電力生産の10%を超えることはできず、常に断続的かつランダムに発生します。 バイオマスは興味深い道ですが、大規模に開発することは困難です。 他のソース(地熱エネルギー、波、潮流など)は強い需要を満たすことができないようです。 エネルギー(特に水素)の貯蔵は習得にはほど遠いです。 これは重要な技術的課題であり、将来的に断続的なエネルギーをより面白くする可能性があります。 最後に、熱核融合は大規模な発生源ですが、世紀の終わりまでは利用できない可能性があります。

また読みます:  パリ市役所はスクリュードライバーを締めたいです

世界レベルでの電気核の開発が間違いなく温室効果と戦うための最速の方法である場合、これは決して十分ではありません。 私たちが直面しているエネルギーと気候の課題には、化石燃料を使用して発電所から排出されるCO2の捕捉の実施と、再生可能エネルギーの持続的な開発が必要です。 化石燃料の代替品には独自の欠点がありますが、まだ選択肢があるかどうかは定かではありません。」 

会議を聞く



Sylvain Davidは、1999年からOrsay Institute of NuclearPhysicsでCNRSの研究者を務めています。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *