マネー原油


この記事を友達とシェア:

真の価格や油のコストは何ですか? 過去数十年の間に価格の進化は何でしたか? それを販売者に油をどのくらいですか? 彼女は、エネルギーは、より高価となっていますか? 購買力に基づいて、どのくらいのエネルギー?

この記事と以下では、これらの質問に答えるためにしようとします。

予備的な発言。

1) Nous entendons par « vrai » prix, le prix corrigé du pétrole: non pas le prix en monnaie courante (qui ne veut strictement rien dire compte tenu de l’évolution des devises) mais le prix en monnaie constante corrigé par l’inflation.

2) Une deuxième correction sera effectué en rapportant le prix du pétrole à celui du pouvoir d’achat. Ainsi, nous obtiendrons ce qu’on peut appeler un « juste prix » ou du moins un « plus juste prix » puisque l’inflation est loin de prendre en compte tous les aspects de la consommation. この記事を参照してください。.

他のすべてのエネルギーと同様3)は、いくつかの対策では、また、他のエネルギー分析多かれ少なかれくぎで固定した油の価格にあります。

はじめにデータソース。

私たちは、次第に次の開発や数字の分析によって以下を行います。

1)バレルの価格。 出典:エネルギー・ブリティッシュ・ペトロリアムのための世界委員会(BP)
2)インフレとドルパリティドル/ユーロ。 出典:産業省、 ブレントのためのために €/ $.
3)世界の石油消費量。 出典:石油産業のフランス連合.
SMICに基づいて、フランスの4)賃金動向()。 出典:INSEE
5)フランスで購買力の進化。 出典:INSEE

すべてをスプレッドシート(​​例えばOpenOfficeの、エクセルの無料版)にこれらのデータを入力し、よく混合することによって、私たちは様々な興味深い曲線に達する可能性があります。

私たちは、読みやすさの理由のために詳細の方法をしませんが、フォーラムトピックにそれについての自分を表現することを勧めます: 1920 2006の間に歴史的収益や石油収入.

1と1920の間に世界の石油消費量の2006)進化

20 1920に世界の石油消費量2006ieme世紀の進化

2)定数$で1920と2006 2004間のバレル当たりの原油価格

1920 2006に実質石油とエネルギーの価格の進化

定数$で3と1920 2006の間に油を除く売上高は2004)の変更

1920 2006に一定の通貨での石油収入の変化

少ない演算レッスン= 3 2 1 *
この曲線は、単純な1曲線の乗算)と2)です。



いくつかの分析:

  • 消費量は石油収入にはほとんど重要性は、主にどの原油価格になってい
    détermine leur revenus. Un prix du brut élevé est évidement favorable à leur affaire puisqu’il n’existe aucune alternative « sérieuse »
    非常に迅速な場所に置くことができ、オイル。
  • Cette courbe est largement minorée car elle ne concerne que le produit pétrolier brut (voir *). Les vrais « revenus » du pétrole doivent etre multipliés par un coefficient 2 à 3 compte tenu des nombreuses taxations sur ce produit.
    $ 1 2 $ $と(状態を含む)悪用人々に含まれる税の間3粗収率:他の言葉で。

4-1970期間に石油収入の2006)進化。

1920と2006の間で、石油収入が比較的一定である、ポスト1970イベントと覚醒出現の国は非常に急速に変化して新しい世界を設定します
en comparaison de la stabilité des 50 années antérieures à 1970, même la 2ieme guerre mondiale n’est pas « visible » sur ces courbes ».

La courbe suivante, très variable et presque « en dents de scie », montre bien que la stabilité « basse » des prix du brut appartient résolument au passé et que, compte tenu de la demande de plus en plus importante, la
私たちは、次の記事で説明するような傾向は、ものの...としてアップする必要があります: 購買力に報告エネルギー価格、2005に(残念ながらeconologicのために)メディアは私たちが信じてもらうほど高くはありません!

1970 2006に一定の通貨での石油収入の変化

5)累計石油収入。

1920 2006の同じ期間のため、ここでは、この記事を締結するには、蓄積された油は、まだ明らかに税とドル2004を得ます。

1920 2006間のオイルマネーへ

いくつかの分析:

  • オイルの収入は着実に上昇している:それは需要の増加に関連しています
  • オイルは41と000間のほぼ$ 2004 1920 2006の十億を儲けました
  • この量は大幅にマイナス3に引用されたのと同じ理由のためである)()を参照してください*
  • この合計、マイナスリコールは、5500億温暖化のコストを比較することです スターン・レビュー このようにばかげて見えます
  • 世界のGDPの進化との比較は適切であろう(*を参照)
  • オイルは間接的な富を言及しないように、確かに世界経済のバックボーンです。

*いいえ税または誘導体は、これらの樽を作成することができ、このカーブ、(GDPなど)はるかに少ないの富で考慮されていません。
GDPの基準に従って、富の創造油の補正計算に着手するのは非常に危険で大胆になります。
確かに、 データがあまりにも広く変数は、これらのデータのグローバルな性質(地理的多様性)(そこに$ 30の年間で現在設定されているオイルGDP)のアカウントに時間の進化を取っています。
さらに、(少なくとも私達は助けが歓迎されるであろう、見つけられませんでした)1950前に世界のGDPを推定することは非常に困難です。

詳細:
フォーラムでの方法を議論
報告された油の購買力
2002以来、石油収益の小売


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *