シボレー·タホ

今晩はàTOUS、

さっきも言ったように、私はあなたに私の仕事を知らせ続けるためにこの投稿に来ました。

これは簡単ではないことを事前に知っています(アンドレは私に警告しました)が、私はしたいので、そうします。

私は、直径160 mmのチューブに「円錐形の帽子」をかぶせたステンレス鋼で、バブラーを作り始めました(私にとっては、小さな炭水化物やエアロゾルなので少し複雑です)。内部の上部と反上昇ディフレクター。 全体を銀のはんだではんだ付けしました(他に何もありません)。
直径32 mmの銅製のaspiriチューブをバブリング用の小さな穴を開けて挿入し、このバブラーにブレーキスイッチとフロントガラスウォッシャーポンプ(古典的な右?)を供給する予定です。 それは基本的にバブラーのためです。
原子炉については、元の直径のまま2(各排気口に1)を配置する予定です。 私が見つけた場所は真っ直ぐな部品なので、入口と出口が反対になるように角度を付けて取り付け、ひじを避けるようにします。 偏っていることが重要かどうかわかりませんか? 誰かが私に言うことができれば。 リアクターを排気管に溶接するつもりですか、銀溶接ですか、それともMIGですか? あなたは何と言いますか

また読みます: シトロエンクサンティアTD

リアクターを介したバブラー、吸気を介したバブラーについては、LPGに既に使用されているベンチュリの直前に設置します。このモデルにEGRバルブがあるかどうかはまだわかりません。 、しかし1999年からだとは思わない。
写真のために、私は試してみますが、私はそれを吸うので、それは勝ちません。
Nofy(夢)

続きを読みます: ここをクリックして、対応する編集ページに移動します

その他のアセンブリとPantoneエンジンのアセンブリ実験

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *