シトロエン:汚染の停止と開始を言う車

PSAは、静止時にエンジンを自動的にカットし、CO10排出量を2%削減するシステムを搭載した車両を発表しました。

Jean-Martin Folzは何ヶ月もそれについて話していました、彼は火曜日にそれを発表しました。 パリモーターショーの10週間前に、PSAプジョーシトロエンのCEOが「ストップアンドスタート」システムを発表しました。 機器メーカーのヴァレオが開発したこの電気機器は、停止した車両のエンジンを自動的に切断し、ドライバーがブレーキから足を離すと再始動します。 このシステムは、市内の燃料消費量を15%削減し、交通渋滞で最大2%削減する可能性があるとPSAは約束しています。 そしてそれに応じてCOXNUMX排出量を削減します。

CitroënC2、当時のPeugeot 1007が引き継ぐ前に(PSAは50.000年までに2006万台の車両を対象としています)、3月に発売されたCXNUMXの特別シリーズであり、フランス初の小型車に「停止して開始」。 しかし、他の車両にはすでに同様のデバイスが装備されています。 特に、トヨタプリウスハイブリッドは、交通渋滞で停止するエンジンを搭載していますが、低速で電気で動作するという追加の利点があります。

また読みます:  自由化とグリーン電力に関する新しい調査

C3の「ストップアンドスタート」は、「すべてのオプションを統合した同等のモデルよりもほぼ同じ価格か、少しでも安価です」とFolz氏は説明します。 3kmあたり平均143gのCO2を排除する従来のC550Sensodriveは、それにもかかわらず、「ストップアンドスタート」バージョン(135 gのCO2)よりもXNUMXユーロ安くなっています。

「それは壮観です」、熱狂的なエコロジー大臣セルジュ・レペルティエは、より多くの汚染車両にペナルティを課すことを目的としたボーナスマルスを開始するという彼の意図を確認する機会を逃しませんでした。 そして、誰が「フランス人がつかむことを望んでいる」「停止して開始する」。 2003年には、フランスで購入した10.000万台の新車のうち、2万台未満の「クリーン」な車を購入しました。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *