10バイオマス発電所の入札

ポルトガルは木曜日に、合計100メガワットのバイオマスを使用するXNUMXの発電所建設のための入札を開始し、火曜日に報道機関Lusaが引用したファイルに近いソースを発表しました。 。

発電所の有機材料からの電力生産は、そのレートが1,05ユーロメガワット時に設定されており、10ユニットあたりXNUMXメガワットに制限されます。

ポルトガル当局の目的は、2010年にバイオマスから約150メガワットの電力を生産することです。
ポルトガルは、すべての再生可能エネルギー源を活用して石油への依存とCO2排出量を削減する予定であり、今後2,5億ユーロを投資する計画です。

石油から生成される電力の58%で、化石燃料に最も依存し、最も汚染されているEU州のXNUMXつです。

また読みます: インドから直接:環境ブリーフ

ソース

経済学に関する注意:MWhあたり1,05ユーロのレートはエロチックです。 実際、このグリーン電力の生産コストであろうと固定価格買取であろうと、この数字は非常に低い(0,105 c€/ kWh)。

確かに; 原子力kWhが世界で最も安価なものの1つであり、費用が2,8 c€/ kWh( ここで計算)一方、「グリーン」な風kWhは5〜8 c€で買い戻されます。0,105c€/ kWhという数字は非常にばかげているようです…

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *