ガスボイラー

ガスボイラー、2021年に適切なモデルを選択

ガスボイラーの設置は、家のすべての部屋で均一な熱的快適性の良いレベルから利益を得る興味深い解決策です。 市場に出回っているさまざまなモデルの中から、選択するのが難しい場合があります。 ガスボイラーとこの分野における最近の革新についての詳細はこちらです。

さまざまな種類のガスボイラー

適切なガスボイラーを選択するには、次のことが重要です。 市場で販売されているさまざまなモデルの詳細を知っている。 古典的なガスボイラーに加えて、 ガスボイラー 低温。 その原理は古典的なモデルと多かれ少なかれ似ていますが、省エネを促進するために50°Cの加熱温度に制限されています。 一方、ガスコンデンシングボイラーは、燃焼ガスに含まれる熱を回収することで、効率を高め、ガス消費量を削減します。

この暖房システムの利点を十分に活用するには、ガスボイラーを次のような専門ブランドから購入する必要があります。 大西洋の。 ヴァンデのラロシュシュルヨンで50年以上営業している大西洋は、 フランスの暖房および給湯器市場におけるフランスのベンチマーク。 その製品の大部分はフランスで設計および製造されています。 アトランティックは、壁掛け、ハイブリッド、コンデンシング、低温など、さまざまな高品質のガスボイラーを提供しています。

ボイラーの生態学的側面を考慮に入れる

ボイラーを選択するときは、この装置の生態学的側面を考慮することが重要です。 まず第一に、今日のガスモデルはおおよそであることに注意する必要があります 燃料油モデルよりも汚染が25%少ない。 エコロジカルヒーティングシステムの恩恵を受けるには、ガスコンデンシングボイラーを選択することをお勧めします。 これにより、空気中への粒子の放出を制限しながら、エネルギー料金を約30%削減し、100%の効率を得ることができます。

また読みます:  自宅での電気の交換:いくらかかりますか?

今日最も生態学的なボイラーの中には、 ハイブリッドモデル。 それは ガスコンデンシングボイラーと空気/空気ヒートポンプを組み合わせたシステム。 ボイラーは、外気温の変化に応じて住民の暖房ニーズを満たすために、これら4つのシステムの使用を交互に行います。 コンデンシングボイラーと組み合わせると、空気/空気ヒートポンプは特に環境に配慮しています。 わずか1KWの空気で最大XNUMXKWの熱を発生します。

暖房のニーズに応じてガスボイラーを選択してください

ガスボイラーは家を暖め、家庭用温水を生成することができることに注意する必要があります。 したがって、あなたはしなければなりません ニーズを慎重に評価する システムを見つけるために 理想的な暖房。 これを行うための正しい質問を自問してください。 加熱する面は何ですか? どのレベルの快適さが必要ですか? あなたの家の断熱はどうですか? 家庭用温水を生成するボイラーが必要ですか? NS。 これらすべての質問に答えることで、研究を絞り込み、自分に合ったガスボイラーを見つけることができます。

快適さに加えて、ガスボイラーの実用的な側面を見て、日常生活を簡素化し、エネルギー消費をより適切に管理することをお勧めします。 今日、 接続されたボイラー 市販されています。 この接続により、スマートフォンやタブレットから現場またはリモートで暖房システムを制御できます。 「不在」モードと「オン」モードを使用して、デバイスのアクティブ化を制御できます。 あなたもすることができます 必要に応じて加熱時間をプログラムします。 さらに、リモートコントロールを使用すると、エネルギー消費を監視および管理できます。

また読みます:  変換前の木製のソーラーハウスの写真

ボイラーの電力と場所をおろそかにしないでください

あなたのニーズが 加熱 定義されているので、ボイラーの電力と将来の場所を考慮する必要があります。 最適なボイラー出力を決定するには、いくつかの基準点が必要です。 100m²未満のアパートを暖房するための推奨ボイラー出力は、暖房のみの場合、12〜20kWです。 一方、暖房や家庭用温水の場合は23〜28kWの範囲です。 100㎡を超えるアパートの場合、 暖房のみの場合は、出力が18〜25kWのボイラーを選択してください 家庭用温水が含まれている場合は25〜35kW。 一方、20m²以上の家に住んでいる場合は、90kW以上の電力を選択してください。

ガスボイラーを設置する予定の場所も、これを選択する際の重要なパラメーターです。 参考までに、ガスボイラーには床ボイラーと壁ボイラーの100種類があります。 どちらも同じパフォーマンスを提供しますが、一方は他方ほど多くのスペースを占有しません。 壁掛けボイラーはコンパクトで場所を取らない。 100㎡未満のアパートに適しています。 一方、床置きボイラーは、XNUMX㎡以上の個人住宅に適しており、地下室、ガレージ、または洗濯室を設置できます。 それには利点があります 重要な暖房とお湯のニーズを満たす.

また読みます:  Buderus S121 Loganoガス化woodボイラー

ガスボイラーに投資する前に、あなたの家がガスに適切に接続されているかどうかを確認することは明らかに重要です。 それが 新しい家 それが接続されているかどうかにかかわらず、ラジエーターや床暖房などの送信機に供給する温水回路が必要です。 これにより、暖房システムの設置が大幅に容易になります。 それ以外の場合は、接続要求を行う必要があります GRDF セントラルヒーティングシステムを設置します。

ガスボイラーについて質問がありますか? 私たちにそれを置きます forum 加熱

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *