ガスハイドレート、日本での搾取が始まります!

D'アフター LesEchos:

今夜のアジア:日本は「燃える氷」の堆積物を攻撃します

日本政府は、沿岸沖のメタン水和物鉱床の探査を開始しました。 一部の専門家は、これらの鉱床が世界規模で石油埋蔵量よりも多いことを保証していますが、それらの抽出は非常にデリケートであることが約束されています。

福島第一発電所が破壊されてからXNUMX年後の日、政府は本日、「燃える氷」として一般に知られているメタン水和物の堆積物について、沿岸沖で探査を開始します。国に電力を供給するために新しいエネルギー源を更新したいと考えています。 ジョグメック(日本石油ガス金属国立公社)と産業省によってチャーターされた探査船は、南海海塹壕の地下で、これらの水和物の最初の生産試験に進みます。メタン、有機物の分解から生じる氷と天然ガスの化合物。

一部の専門家は、これらの鉱床が世界規模で現在の石油埋蔵量よりも優れていると保証していますが、それらの抽出は非常にデリケートであることが約束されています。 カナダのパーマフロストでこれらのメタン結晶を「減圧」する技術をテストしたJogmecは、次の2018週間の実験で、XNUMX日あたり数万立方メートルのガスの深さから上昇することを望んでいます。 この手法が効果的であることが証明されれば、XNUMX年までに商業的搾取が開始される可能性があります

また読みます:  ジョージ・W・ブッシュのエネルギー愛国心

スイートとソース。

ガスハイドレートの探索と開発に関するより一般的な情報

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *