オタワ、京都議定書のGHG削減目標を見逃す

カナダはおそらく京都の目標をはるかに見逃すであろう、と天然資源省は木曜日に初めて認めた。

同省は、ジョージ・アンダーソン副大臣の声明を確認し、カナダがその約束のXNUMX分のXNUMXを達成できれば驚くべきことだと述べた。 アンダーソン氏は、ほぼXNUMXか月前にオーストラリアで開催された会議で疑問を表明していました。 彼のコメントはカナダのマスコミによって報告されたことはありませんでしたが、ワシントンのスペシャリストであるエナジーデイリーによって取り上げられました。 「他の多くの国と同様に、カナダは非常に大きな課題に直面しているため、副大臣の発言は現在の状況と一致している」と天然資源大臣のスポークスマン、ギスラン・シャロン氏は木曜日に述べた。

Charron氏は、政府は「国際的なコミュニティ、業界、さまざまなレベルの政府、コミュニティ、およびすべてのカナダ人と協力して、温室効果ガス(GHG)の排出量を削減する」意向であると付け加えました。 環境思考タンクであるペンビナ研究所のマシュー・ブラムリーによれば、自主的措置を採用するという政府の戦略が機能していないことは明らかです。
180年に京都で会った1997か国の代表団は、5,2年から2008年の間に2012つの温室効果ガスを1990年のレベルと比較して6%削減することに合意しました。カナダ個人的に20%の削減を約束しました。 しかし実際には、これらのガスの排出量は1990年以来カナダでXNUMXパーセント増加しています。
それでも、ブラムリー氏はアンダーソン氏の発言を称賛し、「カナダは京都の目標を達成するのに十分なことをしていない」という正直な承認を聞いて「新鮮」でさえあると感じました。

また読みます:  「きれいな車」はアイドリング

彼によると、政府がその目的を達成するのが難しい場合、それは拘束力のある法律の採用に政治的代償を払うことを恐れているからです。

出典:カナディアンプレス、02 / 12 / 2004
編集者:マリアンヌ・ランスロット、オタワ、
st-cafr@ambafrance-ca.org

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *