再生可能エネルギー、購入のための40%の税額控除2005

納税者は、再生可能エネルギーを使用する機器(ソーラー給湯器、インサート、woodストーブ、ヒートポンプ)の主要な居住地である40er January 1から購入した場合、2005%の税額控除の恩恵を受けることができます。地熱...)。 この措置は、2005年収の課税、つまり2006税キャンペーンの開始から有効になります。

火曜日の公式ジャーナル15 2月2005で発行された注文により、1 1月2005からの税額控除の対象となる機器のリストが設定されます。 この法令は、90金融法の91および2005の記事に従い、2つの税額控除の実施を規定しています。1つは持続可能な開発を支持し、もう1つは困難な人々を助けることを支持します。 。 75で支払われた寄付については、2005%の減税が計画されています。

また読みます: 「ベロリューショナリー」の最初の全国動員。

9の注文2月2005主要住宅の設備の支出

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *