中国のエネルギー:経済の弱点

中国はエネルギー源を多様化したいと考えています

経済と人口動態の発展を続ける中国は、最終的には地球の最初の汚染者になる

国際エネルギー庁は、2015年頃に中国とインドが一緒になって米国(主要な汚染者)を追い抜くと予測しています。
によって証明されるように、環境管理は中国ではまだ不透明な問題のままですが 最近の松花川のベンゼン汚染、この国は、その発展への追加の解決策として、ますます再生可能なエネルギーに目を向けています。

中国:新エネルギーの割れ目..。

中国は間違いなく地球上で最もダイナミックな国の9つであり、2004年には20%の成長を遂げ、人口は人類のほぼXNUMX%を占めています。
温室効果ガスの排出量を削減する必要のない中国は、現在、米国に次ぐ石油消費国です。 また、世界最大の石炭の生産者および消費者であり、最も汚染されているエネルギー源の70つであり、エネルギー需要のXNUMX%近くを供給しています。
「中国は、二酸化硫黄の排出など、特定の分野ですでに最大の汚染物質です。 全体として、現在はXNUMX位ですが、XNUMX年以内に米国を追い抜くはずです」と上海の中国ヨーロッパ国際ビジネススクールの持続可能な開発のスペシャリストであるGéraldFryxell教授は推定しています。 さらに、工業化社会が経験する問題について、「中国はエネルギー源に含まれる石油と石炭の割合を常に減らすことができ、すべてにもかかわらず、消費量は増えるだろう」とジェラルド・フリクセルは述べています。 確かに、人口が高齢化しているフランスでも、現在の人口規模を考えると大幅に増加している中国でも、消費量は増え続けています...

また読みます:  アルゼンチンのモンサントの遺伝子組み換え作物

...これは石炭に大きく依存しています

米国、オーストラリア、中国、インド、韓国は、28年2005月XNUMX日に、京都議定書に代わるプロジェクトの存在を明らかにしました。 「クリーンな開発と気候のためのアジア太平洋パートナーシップ」と呼ばれるこの提携には、進行中の気候変動を緩和するために温室効果ガス(GHG)排出量を削減するという最終目的もあります。 ただし、導入される手段は、石炭の開発に関するクリーンで高度な技術の実装に有利に働きます。
「中国にとって最も重要なことは、ガス化などのプロセスで石炭をきれいにすることだと信じています」と、上海を拠点とする中イタリア環境保護協力プログラムのプロジェクトマネージャーであるエミリアーノチェッキーニは付け加えます。 石炭の燃焼に起因する二酸化硫黄の排出を削減するために、650億XNUMX万ユーロも投資されます。

二酸化硫黄汚染の影響を受ける中国の都市

中国環境科学研究所と青華大学による最近の調査によると、空気の質が測定されている338の中国の都市のうち、ほぼ63,5分のXNUMX(XNUMX%)が空気は中程度または重度と見なされ、最も影響を受ける地域は国の南部と南西部です。
中国では、特に低品質の石炭の多用や火力発電所での時代遅れの燃焼技術により、二酸化硫黄の排出量が急速に増加しています。 調査によると、二酸化硫黄の排出量は6,6年に2002万トンに達し、現在の速度で増加し続けると、12,86年には2005万トンに達するとのことです。 合計で、中国の領土の30%が酸性雨に苦しんでいます。
欧州宇宙局(ESA)は、2005年2月初旬に、Envisat衛星によって作成された地図上で、北京と中国北東部の二酸化窒素(NOXNUMX)汚染の程度を示しました。 実際、過去XNUMX年間の中国の目覚ましい経済成長の結果として、これは世界最大の汚染の雲です。
窒素酸化物は、自動車や、火力発電所、暖房設備、重工業、森林火災、さらには焼却工場などの固定燃焼源から大量に放出されます。 NOxは、SO2による酸沈着の原因であり、過剰死亡の要因である熱帯圏オゾンの生成を生成することにより、光化学汚染の一因となります。

また読みます:  オイルとサルコジ

エネルギーの多様化に向けて

しかし、中国は石炭への依存の一部を減らしたいと考えており、その抽出は毎年何千人もの鉱夫の命を犠牲にします。 中国エネルギー研究所は、10年以内に15%の削減を見込んでいます。 そして最近、チャイナデイリーは、北京、上海、21の州都で新しい石炭火力発電所の建設が禁止されたと報告しました。

これを行うために、中国は180月初旬に、再生可能エネルギーを開発し、7年に世界のエネルギー消費におけるシェアを15%から2020%に増やすためにXNUMX億ドルの投資を発表しました。「中国は企業にエネルギー源の使用を奨励しています。 「特定の税金を削減することによる、太陽光発電や風力発電などの他のエネルギー源」と、上海のHaitongSecurities金融グループのアナリストであるHanZhengguo氏は説明します。

最後に、中国もフランスの支援を受けて原子力発電に投資しており、2020年までに40の原子力発電所が建設される予定です。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *