セルロース系エタノール、自己蛍光前処理

バイオマス前処理技術の改善

第二世代のバイオ燃料の開発には、技術の開発、特にセルロース系バイオマスの前処理と糖の発酵が必要です。

リグノセルロースを溶解し、後で糖への加水分解を促進するためにイオン性液体を使用することは有望ですが、非常に高いコストがかかります。 さらに、科学者はイオン性液体がどのように機能するかについてほとんど知りません。

イオン液体がリグノセルロース系バイオマスを溶解する能力を理解することで、バイオ燃料に適用できる新しい化合物を見つけることができるはずです。

Joint BioEnergy Instituteのアメリカ人研究者は、新しい技術を開発しました。 植物細胞壁の自然な自己蛍光に基づいて、この技術は、前処理中の可溶化を動的に監視することを可能にします。
イオン性液体を含むバイオマス、および液体の性能を評価します。

ソースと記事全体(英語)

また読みます:  ベルギー:フランダースの公共交通機関のバイオ燃料?

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *