CO2排出量の少ない車両を購入するための金銭的インセンティブ

フランスの国の石油消費とエネルギー依存を減らし、気候変動と戦うために、政府はよりエネルギー効率の良い車両を促進するための様々な措置を実施しました:エネルギーラベル、車両の税額控除の強化個人、車両登録カードに対する税金、社用車に対する税金。

これらすべての対策の目的は、車両のCO2排出量とエネルギー消費量(エネルギーラベル)について消費者に通知し、CO2排出量が以下のクリーンな車両の購入を促進することです。 140 gCO2 / km(税額控除)およびペナルティ
排出量が200 gCO2 / kmを超える車両(車両登録証明書と社用車に対する税金)。

ファイルをダウンロードします(ニュースレターの購読が必要になることがあります) CO2の排出量が少ない車両の購入に対するインセンティブ

また読みます:  ダウンロード:太陽光発電技術

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *