カーゴバイク

自転車で子供を輸送する:どのモデルを選択しますか?

短いまたは長い乗り物だけでなく、毎日の旅のために、ますます多くの人々が自転車を選ぶことを好みます。 この輸送モードは、燃料を節約し、環境への影響を最小限に抑えるため、特に人気があります。 それにもかかわらず、多くの人にとって、幼児の輸送の問題が発生します。 ただし、家族と一緒にサイクリングを楽​​しむためのいくつかの解決策があります。

チャイルドシートまたはサドル:実用的な解決策

すでに自転車を持っていて、子供を連れて行くことがあまりない場合は、状況に適応できる解決策を選択することをお勧めします。 装備する 子供を運ぶための自転車、座席または チャイルドサドル 面白いデバイスです。 バイクのフロント、バック、さらにはフレームに取り付けられているため、これらのデバイスは不要なときに取り外すことができます。

フロントシートは3歳未満のお子様の移動に最適です。 それはより流動的な動きのために、負荷の良い分散を可能にします。 それはまたあなたに相互作用の範囲内にとどまりながらあなたの子供と瞬間を共有する機会を与えます。

後部座席はより民主化されたデバイスであるため、より手頃な価格で簡単に見つけることができます。 それはあなたが6歳までのあなたの子供を運ぶことを可能にします、しかしそれは荷物を運ぶ可能性を制限します。 ショートに最適です 自転車に乗る.

フレームサドルは、最初の5つのモデルの利点を組み合わせており、XNUMX歳までの子供を運ぶことができると同時に、優れた柔軟性を維持します。

あなたの中でより多くの自分でやる人は、フルサスペンションマウンテンバイクを適応させることさえできます XNUMX人乗りマウンテンバイク いくつかの適応部分を溶接することによって。 あなた自身を和らげるためにあなたはまた選ぶことができます 自転車を電気に変換する.

トレーラー:安全性と快適性

シートまたはサドルはバイクに追加の負荷をかけ、バランスを崩したり、ライディングを妨げたりする可能性があります。 さらに、これらのデバイスでは、ヘッドレストや背もたれがないため、子供が眠りにつくことはできません。 あなたとあなたの子供の両方にとって、より快適な乗り心地のために、 自転車トレーラー その後、採用するオプションです。 その避難所のおかげで、それは子供にどんな天候でも旅行を楽しむためのより快適で実用的な環境を提供します。

トレーラーは、優れた安定性を維持しながら、6歳までの子供を輸送することができます。 XNUMXつまたはXNUMXつのホイールを使用でき、最大XNUMXつのシートを提供できます。 これらは、お子様と荷物の輸送に特に役立ちます。

別の選択肢があります: 自転車をスクーターに変えるモジュール。 このシステムはほとんどすべてのバイクに適応し、数分でリバーシブルになり、クラシックバイクにセカンドライフをもたらします。 6歳までの子供を輸送するのに特に適しています。 子供があなたの前にいることを除いてトレーラーと同じ利点があるので、あなたは彼をより簡単に監視することができます。

自転車は子供を運ぶ

カーゴバイク:長期的な解決策

カーゴバイクは、2歳までの3人、4人、または8人の子供と一緒に移動するための優れた輸送手段です。 それはそれ故に特定の投資を表す別個のフレームですが、それはあなたが最良の条件であなたの毎日の旅に取り組むことを可能にします。 確かに、自転車のフレームは、荷物の適切な分散と、落下時の子供たちの最適な保護を可能にします。

2輪または3輪で利用可能、 カーゴバイク 移動を容易にするために電動補助システムを取り付けることもできます。 一部のモデルには、小さなものの取り付けを容易にするためのステップと、風や雨からそれらを保護するためのテキスタイルカバーがあります。

質問 ? にそれを置きます forum 生態学的輸送

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *