woodストーブの選び方

woodストーブの選び方 woodストーブを選択するための主な基準は何ですか?

読者はこのファイル「木材を使った加熱」の導入を注意深く読んでいます: なぜ薪を選択木材暖房上の任意の質問については、私たちを参照してください forum 暖房と断熱.

この記事は、burningを燃やす器具を探している読者を啓発します。 ウッドアプライアンスまたは設置に関して特定の質問がある場合は、 forum 木材の加熱

woodストーブの選択基準

木材燃焼器具の選択にはXNUMXつの基本的な基準があり、それらは関連しており、長年の使用に満足できる木材加熱ソリューションを考え出すには、残りが前面に出なければなりません。

wood暖房を選択するための3つの主な基準:

1 - 熱ニーズ

何が必要ですか? XNUMXつまたはいくつかの部屋の熱風バックアップ(理由XまたはYの理由で冬は「寒い」ままですか?)、化石燃料代を削減するための既存の油圧ボイラーの交換? それとも、新しい家のための完全なセントラルヒーティング、またはボイラーの変更の場合でも? 1基準「追加または統合としての木材加熱」

2 - 使用するfireの性質

この選択は、お住まいの地域(価格、在庫状況など)、木材を「正しく」保管する能力、および望ましい快適性に大きく依存します。 2基準「燃料供給と貯蔵」。

3 - 木材に切り替えることで、費用はどれくらいかかりますか?

木材の加熱は、設置が適切に行われ、燃料が良質であれば、最も経済的な加熱になります。 燃料油やガスとは異なり、地域間およびサプライヤー間で価格と品質に大きな格差があるためです。 potentialの節約の詳細については、次の記事を参照してください。 fireの種類:利点、欠点、および有用なエネルギーのコスト。.3基準「私の木材暖房の経済的収益性」。

また読みます: woodストーブの標準化されたパワーNF D35-376

woodストーブを選ぶ
ヒーターを選択するための主な基準

「二次」基準

- 求められる快適さのレベルは? 完全、部分的、または自動化されていませんか? 基準は主観的なものであり、個人のケースによって異なります。 たとえば、手動リロードログ燃焼ログボイラーは、1日あたり空の10-12hのままの家とはまったく互換性がありません。

- あなたの家の建築は、追加のwood暖房と互換性がありますか? 熱的には、すべての住居が、局所的なソース(パーティション)で熱風で加熱するように(設計されていない)わけではありません。 これが当てはまらない場合は、作業を想定することができます(戻りのための外装と熱風の吹き付け)が、請求書が膨らみます。 機械的には、もちろんストーブと煙の避難をインストールできる必要があります。 存在しない場合は、屋根までの排気ダクト(煙室)の設置が必要になります。 送風機のおかげで、水平排気と小さな外部ケーシングで満足できるペレットストーブを除きます。

- あなたの予算。 wood暖房ソリューションの価格は、板金ストーブの最初の価格が200〜400ユーロ、自動ボイラーまたは「高級」大容量ストーブが1ユーロ以上です。

- デバイスの設計。 Woodストーブは、多くの場合、メインリビングルームに配置されます。そのため、そのデザインはお客様の期待に応え、自宅でより快適に統合する必要があります。 ただし、「デザイン」の基準よりも常に「熱性能」という基準を優先するように注意してください(明らかに「目だけのため」にfire火が必要で、暖房が優先されない場合を除く)

また読みます: 空気湿度に応じたfireの乾燥

- 作動音。 第一世代のペレットストーブでは、送風機の騒音の問題が一部の人々にとって非常に厄介であることが判明しました。 部屋(またはメザニン部屋など)やその近くでの使用は許可されていません。

- wood暖房に切り替える準備は本当にできていますか? 木材による加熱は、化石燃料による加熱よりも制限があります。 正直に言うと、100%自動ボイラーであっても、ガスやオイルのボイラーのような快適さは決して得られません。
たとえば、次のものが必要です。
-ボイラーの交換器を定期的に清掃します(オイルボイラーにも有効ですが、頻度は低くなります)。
-ペレット保管サイロの状態を確認し、
-煙突をオイルよりも頻繁に掃除してください。

あなたがナビゲートするとき、あなたは木の加熱によって引き起こされるいくつかの心配を見つけるでしょう ノートルダム forum 加熱.

しかし wood暖房にも多くの利点があります それは人気のある熱媒体になります。 フランスでは、2000年代後半の初めに、補助または主なエネルギー源として、4世帯にXNUMX世帯以上が木材で加熱されていました。

ここでは、ソリューションまたはその他の選択で「ヘッドダウン」を開始する前に知っておくべき一般性について説明します。

また読みます: 薪ストーブの種類

将来の記事では、さまざまな種類の木材燃焼器具について詳しく説明します。

材料の選択:

- wood暖房器具を正しく選択する方法は? (ストーブ、ボイラーまたはボイラー)
- "Flamme Verte"と表示されたストーブとボイラーのリスト
- woodストーブの選択に関するヘルプとアドバイス
- 彼の薪ストーブの電源を選択してください
- 正規化されたパワーヒーターウッド
- 木質ボイラーを選択します

毎日のwood暖房:メンテナンスと改善:

- 薪燃料の異なる種類と価格
- 暖房、木製暖炉:煙突火災を回避する方法。 メンテナンスと寸法
- 煙突、基準や法律に関する規制
- woodストーブで温水コレクターを作る
- ペレットの生産:工場の図

木材の加熱による汚染:

- 健康上のウッド暖房および汚染
- 木材加熱汚染
- 薪やバイオマスエネルギーの大気排出量

wood暖房体験からのフィードバック:

-完全なファイル 個人宅でのペレットボイラー設置のプレゼンテーション
- 個人の家のアルザスにある別のペレットボイラー設置のプレゼンテーションと写真
- 木造およびソーラーハウスのプレゼンテーション
- 私たちの木材ボイラーDeomターボ説明とマウント方式の自動インストール
- 私たちのストーブボイラーターボDeomの実効利回りの見積もり
- ウッド加熱と絶縁フォーラム

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *